MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

Now Your Ships Are Burned: The polydor years 1984-1990

f:id:neuchappie:20191208125615p:plain

ハードロックにはまるきっかけ

私がハードロックに目覚めるきっかけがイングヴェイ2枚目ソロのMarching Outでして、友達からCDを借りてテープにダビングしたのをよく聴いていました。

そういえば当時のCD国内盤の帯に書かれてあるジャンル欄に「ヘヴィメタル・ロック」とあり「ん?」と思ったのはいい思い出。ジャンル分けもおおらかだった気がします。

今回は久しぶりにMarching Outを聴き直すべく色々と調べていると、いくつもの再発盤がリリースされているのを確認。その中でも音質が改善されたと評判のこのアルバムを見つけAmazonで購入しました。

さっそく鑑賞

2015年に販売されたこのCDは、4枚組で2707円(+27pt)と格安でポリドール時代のイングヴェイが堪能できる輸入盤CD。もっと安い時期もあったようです。

てっきりアルバム毎にCDが分かれていると勘違いしていたのですが、CD容量限界まで詰め込めるだけ詰め込んだ仕様の為、アルバム間を跨ぐかたちになっています。2枚目からCDを取り込む際、全く違う曲目が表示され、最初は購入を間違ったのかと思いました。それでもPCに取り込んで聴くことになるのでこの方が都合よかったです。また、スタジオアルバムだけでなく、ライヴ音源も入ってお得感が増しています。

まずは当時音質が悪かったMarching Outから。やはりレビューで上がっている通り中域のもっこりした部分が解消されバランスよく再生できていますね。「I'll See the Light Tonight」で強く感じていたベースとギターリフが塊となってゴリゴリしていたのが嘘みたいです。また、ギターソロが生き生きとしてて他パートとの分離感が向上しています。当時の思い出を振り返りながら新鮮な音で堪能できて大満足です。もうこの1枚だけで元は取ったかな。

気になった点といえばJudasの冒頭。頭合わせのリズムトラックが混入しています。これは編集ミスかな。作品の意図から大きく外れたただの打ち込みトラックなので、この部分は自分でトリミングした方がいいですね。

最後に

ポリドール時代を一通り堪能してみると、自分の中ではこの時期がイングヴェイの最盛期だったなぁと感じます。オリコンアルバムチャート1位を獲得したFire and Iceで熱が冷めていき、最後に買ったカヴァーアルバムのINSPIRATIONで、マニアックな選曲ではあるもののこれじゃない感が強くて気持ちが離れていってしまいました。

しかし今もなお現役で活動しているイングヴェイ。この作品群には30年以上も継続できる原動力が凝縮されています。そしてその輝きは今もなお現役です。

DTM用PCのパーツを注文するも・・・

3900Xの在庫復活

6日昼頃。Amazonをはじめ国内大手WEB通販にRYZEN 9 3900Xの在庫が復活。これでようやく今年春頃から保留していたDTM用PC更改作業を再開できます。今回購入するパーツはCPU、メモリ、マザーボード。M.2 SSDの4点になります。残りのパーツは現行PCのものや購入済みのものを流用します。Windows10の再認証が通るかは不明ですが、ダメだったらこの料金も上乗せされます。

ドスパラの注文にてトラブル発生

まずは早期売り切れが予想される3900Xの注文から。今回は複数の通販サイトの中から5%還元のあるドスパラを選択しました。サイトの説明を見ているとどうもアプリからの注文じゃないと送料が無料にならないようなので、手持ちのiphoneにインストールして各種登録等を済ませました。しかしこのアプリが非常に使いにくいうえ、実際の注文はWEB上の通販ページに飛んで行うという意味不明な仕様でした。会員のログインもその都度要求され非常に面倒。アプリの評価が1.9と低いのも納得です。
そんな状態を我慢しながらなんとかクレジットの3Dセキュア認証画面まで到達。そしてパスワードを入力して画面が切り替わるも真っ白な画面のままフリーズしてしまいました。回線か端末スペックの問題でしょうか。でも評価を見る限りアプリ側の問題が濃厚かも。
しばらく待っても完了画面に移行しそうにないのでiphone上から画面を一旦落とし、注文完了メールを確認することに。しかしいつまでたっても注文完了メールが届きません。初回ログイン時の認証メールはちゃんと届いているので登録間違いは考えづらいです。
次にWEBマイページの注文履歴を確認しようとしたら注文番号と電話番号の2つを入力しないとわからない仕様になっており、注文完了メールに書かれていると思われる注文番号が不明な為、注文が通っているかも確認できない状態です。これちょっとひどくないですか?何のためにアプリにログインしているかわかんないですね。

3900X購入は別の店で

 深夜に注文した為、電話で問い合わせることができずいきなり躓くかたちになってしましました。注文完了後のキャンセルを原則受け付けないのが気になったものの、3900Xの確保を早く済ませたかった為、在庫数がはっきりして即納できるツクモにて注文を確定。

翌朝問い合わせると

その他パーツ類を順々に選定し注文完了。とりあえず寝たわけですが翌朝。
昨日のドスパラで行った注文が気になりクレジットカードのマイページを見ることに。注文直後の決済が反映されるのは数日後ですが、ご利用残高の照会だとどうも3900Xの金額が含まれているっぽいです。12月支払予定明細と直近のカード利用分を計算するとだいたい66000円くらい高くなっている!
やはり決済は通っている可能性が高いと思い、ドスパラのお問合せ窓口にTELすることになりました。
10分ぐらい待たされたけどようやくオペレータに繋がりました。その件について確認してみるとやはり注文は確定しており、現在は出荷待ちの状態になっていると告げられました。注文完了メールが届かなかったこと、別の店舗で同商品を購入したこと等の事情を説明してキャンセル可能か確認してみたところ、何とかキャンセルすることができました。できなかったらと思うと・・・。

ネット注文の課題

これまでネットで行った注文状況は注文完了メールやサイトマイページの注文状況で判断できていましたが、今回はその確認手段が電話で聞くしかなく利用者に厳しい状況でした。
今回はすんなりと電話確認できたので大きなトラブルにはなりませんでしたが、問い合わせ窓口を設置していないところだったらもっと面倒なことになっていたでしょう。場合によっては注文のキャンセルができず泣き寝入りするしかなかったかもしれません。
海外通販ともなると言語や支払い方法の問題、返送の手間等が加わり、更にやっかいなことになるでしょう。
どちらにせよネット通販は気軽な面もあるけど、慎重にならないといけない部分もあり、ちょっと考えさせられました。

3900X販売振り返り

12月8日現在、定価購入できる状態を維持しています。後の祭りですが、ソフマップ楽天市場店から購入できたようですね。ポイントを考えるとすごくお買い得だったかと。
最大手Amazonの販売開始時は、在庫あり表示から1日~2日で発送に変わったりしましたが、現在は売り切れる気配無しです。
ボーナス商戦を見込んで入荷を絞っていたとしか思えない状況で、もっと早く安定供給できたのではと思います。3950Xは逆に入荷が少なくWEB通販での購入はしばらく無理そうです。

ソフト音源何買おうか迷う

ブラックフライデーセールも一段落しサイバーマンデーや年末のセールに切り替わりつつある今日この頃。結局今のところ何も買っていませんが、12月5日までがセール期限となっているArturia V Collection 7をどうするか検討中です。
手持ちの音源とはあまりかぶらないので、他のソフトシンセよりも活用できそうなところに惹かれています。Rock Onの通販ページで買うのが一番安いのですが、楽天にも出店しているのでどちらで買うか迷うところです。買い回りを駆使すれば楽天なのですが、Rock Onに残っているポイントや6.9%オフクーポンを使うことで出費が抑えられるの捨てがたいです。

それ以外のトピックとしてNEXUSが3にアップデートされました。ドングルキーが不要になりオンライン認証に変わりGUIが大幅に拡大され使いやすくなっているようです。ただ弊害も出ているようで、旧バージョンが上書きされ使えなくなり既存プロジェクトファイルのトータルリコールが不完全になるとのこと。結構致命的ですね。
エフェクト回りも刷新され、2の音色イメージそのままとはいかなくなり、過去プロジェクトのバランス調整が必要になるみたい。

2019.12.05追記

Arturia V Collection 7の購入を検討して5日のぎりぎりまで悩んでると、楽天側のセール価格が通常価格に戻っていしまいました。結局当初の予定通りRock On側で購入することにしました。
この手のダウンロード販売はすぐにシリアルコード類が送られてきて便利ですね。とりあえず新しいPCに移行するつもりでインストールは保留し、Arturiaで製品登録のみ行っておきました。
以前、BFD3をパッケージで買った時にシリアルが通らないトラブルが起きたので、登録部分は早めに済ますようにしています。

PC引っ越しの準備メモ

DTM用PCの更新に着手し始めたのが今年の5月ごろ。
ZEN2シリーズの性能が大幅に向上したのを確認して久々にINTELプラットフォームからAMDへと移行することになりました。
ようやくRYZEN 9 3900Xの入手に目途が立ったので、PC引っ越しの準備を始めました。

Windows10のクリーンインストール

機器が大幅に変わる為、Ver.1909をクリーンインストール予定。
あとは昔から使っているRME FIREFACE800用に1394レガシードライバーもインストール。この部分は今年5月頃にWindows10に移行した際、最初につまずいた箇所でした。追加したIEEE1394拡張ボードの「エアリア GT800Express PCI Express x1」がなぜか自動認識せず、Windows8.1用のレガシードライバーを使いました。
そのインストールファイルをどうも削除してしまったようなので再度その時に入手したリンクからダウンロードしようとしたのですが、リンク切れで落とせず。色々探した結果、以下のリンクから再入手できました。

www.microsoft.com

その他ドライバ・アプリの準備

その他必要なドライバやアプリは以下の通り。

ヤマハ MOTIF-ES用のUSBMIDIドライバ
Torpedo接続用アプリ
Kemper RIG Manager
ロジクールマウス・キーボード用unifying
NVDIAグラフィックドライバ

DTM関連

CUBASE 10

最新のダウンロードアシスタントを準備。elicenserもインストールしておく。

Spectrasonics関連

ライブラリはそのまま残し、最新アップデータを公式から入手。その後、公式ページから認証するだけで完了。

VOCALOID関連

必ずディアクティベートツールを用いてアンインストールが必要。最近は使用していないのでたぶんインストールしないかも。

BDF3

3回まで認証可能。それ以降は公式へメールで解除してもらう必要があります。次で引っかかる気がするので問い合わせの準備だけしておきます。

CeVIO

初回起動時はインターネット接続が必要。シリアル入力でOK。

NEXUS2

本体をインストール後の初回起動時にライブラリの場所を指定する必要あり。最近インストール方法が変わったようで、CUBASEのようなダウンロード用アプリを別途インストールしてそこからインストール。

ブラックフライデーセールで気になるものをピックアップ ※随時更新

今年は11月29日がブラックフライデーとなりますが、すでに色々なところで始まってますね。楽器やDTMに関係したもので個人的に気になるものをピックアップしておこうかと思います。購入済みのものは割愛しています。
今年の買い物で個人的に失敗したなと思ったのは、Spectrasonics関連ですね。7月にOmnisphere2とTrillianのセットを楽天(イケベ)にて57240円で購入しましたが、Rockonでポイント分を含めて実質45278円で購入できるようになってます。ポイントも音屋みたいに消えることもなく来年のセールまで寝かすこともできるのでおすすめできます。

www.miroc.co.jp

  • KV331 Synthmaster

  12月2日まで最大70%オフでSONICWIREから購入可能。
  ONEとのバンドルが60%オフの5654円なのでまずはこれを買おうかと。

sonicwire.com

  • Arturia V Collection 7

  12月5日まで29700円(+2079ポイント)でRockonから購入可能。
  5%還元対象店ですが、VISAやMASTERは対象外。
  そのかわりとしてVISAとMASTERで使える店独自の6.9%特別
  キャッシュバックのクーポンコードあり。

store.miroc.co.jp

  1月12日まで50%オフ。SONICWIREから購入可能。

sonicwire.com

買い時を逃したかも

今夏~秋にかけてDTM用PCを組み直そうと計画していました。しかしこの間発売されたINTEL Core i9 9900KSや正式発表されたAMD Ryzen 9 3950Xの性能等を見て自分には扱えそうもないことがわかり、やっぱりAMD Ryzen 9 3900Xにしておけばよかったと後悔。すでに国内在庫は枯渇しており米amazonも1~2か月待ちとなっています。

3950Xが発売される11月25日に動きがあるかもしれませんが、今回の発表で私みたいに上位CPUを諦めた層が3900Xに鞍替えするような気がしてなりません。

ここまで待ったのだからDTM用PCは先延ばしにするのがいいかも。それ用の資金はソフトウェア音源に投資しようかと思います。

2019.11.29追記

Ryzen 9 3950X発売日前日の29日深夜。米Amazonにて3900Xの在庫が復活したのを確認し、ポチりました。届く予定日は最短で12月13日、最長1月14日と表示されています。送料のプランを全て試したものの早くならなかった為、一番安い送料に変更しました。気長に待つとともにマザーやメモリの選定や購入方法を考えたいと思います。
国内販売も12月中旬を目途に予約を受け付けてます。やはりボーナスシーズンを狙って入荷するようです。

2019.12.04追記

 米Amazonで3900Xを注文するも発送される気配がありません。表記では最長年明け到着となっており、一旦様子を見るためキャンセルしました。実はうちの地域のパソコン工房で3950Xの在庫ありを確認済で、こっちに乗り換えようかと考え中。
+3万強になってしまいますが、定格で使う分には扱いやすいと評判で気持ちが揺らいでおります。この機会を逃したら次のZEN3まで計画を大幅に遅らせることになりそう。

2019.12.05追記

パソコン工房の3950Xは既に在庫なしとなっているのを確認。今日の仕事帰りにでも見に行こうと思っていましたが、肩透かしを食らいました。
そのかわりネット通販の各店舗にて3900Xの在庫が復活していますね。AmazonNTT-Xで在庫あり表記を確認。その他店舗も予約受付中だったり近日中入荷のようです。とりあえずAmazonサイバーマンデーを傍観しようかと。この様子だとボーナスシーズンに向けてどこも在庫を補充するのは目に見えているので、慌てて買う必要もないかな。とりあえず米Amazonはキャンセルしといて正解でした。(値段はこっちの方が安いけど)

Crucial MX500 2TBの購入

f:id:neuchappie:20190908113648p:plain


DTM音源用にCrucial MX500 2TB SSDを購入。以前は500GBのSSDと3TBのHDDを併用して格納していましたが、これでほぼ全ての音源が収まることになりました。

PC更改を視野に入れて影響度の少ないものから順次入れ替え中です。とりあえず電源、PCケース、CPUクーラー、今回のSSDで一旦休止。CPUはAMD Ryzen 3900Xにするか周辺機器との互換性を考慮してIntel 9900Kにするか考え中。どちらも発熱対策をしないと厳しいと思います。(定格で使う予定)どちらにせよ今の4790Kよりは大幅に性能アップするので楽しみです。