MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

過去所有した機材を振り返る【歪みエフェクター編】

f:id:neuchappie:20121209093742j:plain

ギター人生で最も多感な時期を過ごた平成も、ついに終わりを迎えます。いい機会なので過去所有した機材を振り返り、次の目標に向けて一度気持ちを整理したいと思います。 

1.定番物中心に手堅く揃えた1990年代~2000年代

この頃はあまり冒険をせず有名どころを揃えていきました。現役機種複数あり。

MAXON ROD880(1990年代?)

記憶ではたぶんこれが初の歪みペダル。真価を発揮しないまま手放してしまい、あまり印象に残っていません。

BOSS SD-1(2000年初頭)

1987Xに合うスタンダードな歪みを求めて購入。あまり使いこなせないまま手放すことに。

FULLTONE FULLDRIVE2

ハンドメイドエフェクターが流行しだした頃に個人輸入して購入。現在も手元に残っていますが、出番は少ないです。

RADIAL TONEBONE CLASSIC(2000年前半?)

真空管に幻想を抱いて購入。コントロール部分がたくさんついていますが、多彩な音作りには直結していませんでした。

Z-VEX FUZZ FACTORY

飛び道具的なファズが欲しくて購入。ボードには組み込んでいませんが、個性的な音なので手放せません。

KLON CENTUR(2006年頃?)

現在も現役で使用中。買った当初は価値もよく分からず歪みペダルとして購入しました。現在はブースターとしてのメイン。

DUNLOP JH-OC1

オクターブファズに興味を持ち購入。思ったほどの効果が得られなかったため、すぐに手放しました。 

2.加速度的に迷走した2010年代前半

この頃は円高を活用し積極的に個人輸入しました。買い集めるのが主目的になってしまい、無駄な買い物が多かった印象。

KEELEY MT-2MOD

よりハイゲインな歪みを求めて購入。なかなか好みのセッティングが決まらず手放すことに。

XOTIC EP BOOSTER

手頃な価格とコンパクトな筐体に惹かれて購入。太い色付けが気になり使わなくなりました。

ELECTRO HARMONIX BIGMUFF

安かったので衝動買い。資料として保管。

EARTH QUAKER DEVICES HOOF

より実用的なファズを求めて購入。しばらくメインで使用していました。

ANALOGMAN SUNFACE FUZZ

公式サイトから個人輸入。好みの歪み方でなかったため、あまり使用していません。ファズフェイス系よりもビッグマフ系が好みなんだと思い知らされました。

BLACKCAT OD-FUZZ

やたらファズに執着していた時期。やはり通過点でしかありませんでした。

ELECTRO HARMONIX BASS BIGMUFF

ベース用に購入。ほとんど使っていません。

etc・・・

WAMPLER TRIPLEWRECK、PINNACLE DISTORTION、SUHR RIOT、ISO BOOST、DEVIEVER ROCKET、HYPERIONけいおんディストーションMojo Hand FX Iron Bell

・・・と、歯止めが利かなくなった2012年頃。完全に沼に嵌っていました。RIOTはリード専用って感じで汎用性に欠けました。ファズも色々と増やしていきましたが、結局のところ、FUZZ FACTORYで十分でした。

BOGNER ECSTASY RED

ピリオドを打つことになった歪みペダルの決定打。つい最近までメインで使ってました。ミニスイッチ類はもっと簡素化してもいいと思います。今もBLUEの方は気になります。

J ROCKETT AUDIO DESIGNS ARCHER

CENTAURの代わりとして。スイッチャーを使ってCENTURと比較してみたのですが、どうも音像がこじんまりとするのが気になり、最近はあまり使っていません。そして仕事が忙しくなり、歪みペダル探しの旅は3年間沈黙することに。

FRIEDMAN BE-OD

現在のメイン。他にも気になる機種はありますが、乗り換えるほど困っていないのでこのまま続行。

ELECTRO HARMONIX TRIANGLE BIGMUFF

今のメインファズです。ギルモアやフリップのようなサステインを活かした使い方で重宝しています。

3.さいごに

時代によって様々なトレンドがありましたが、歪みペダルに求めることはそれほど変わっていません。パワーリフ、リード、クランチなコード弾き等、あまり設定を大きく変えず万能に使えるものが理想です。
最近はSUNSETやECLIPSE等、他チャンネルだったり、デジタル化が進んだりで多彩な音作りできる機種に興味を抱いています。複数の歪みペダルを使い分けるより、1つの筐体に集約し、MIDI制御等で切り替えた方が合理的ですね。しかし、そうなるにはもう少し時間がかかりそうです。他のメーカーから色々出てきた頃に再度検討してみたいと思います。

春の断捨離祭り開催中

f:id:neuchappie:20080216133842j:plain
DTM部屋のレイアウト変更に伴い、不要なものを積極的に処分中です。過去にも同様の処分を行ったわけですが、その時に処分するか迷ったものが対象になりました。

機材処分リスト
  • AKG C414BXL-Ⅱ
  • Audio Technica AT4040
  • Marshall 1987X
コンデンサマイク類の処分理由

防湿庫に入れっぱなしで使用頻度が低く、今後も積極的な活用が見出せなかったため。エレキギターの録音に関していえば、KemperとTorpedo Liveで概ね満足な状態が続いています。そして大きな音出しも難しい住宅事情から手放すことにしました。

1987Xの処分理由

初めて買った本格的なヘッドアンプでした。かれこれ20年くらいの付き合いになります。Kemperを買ってからアンプの使用機会が大幅に減りました。アンプをもっと活用するためTorpedo Liveを買ったものの、1987Xのようなマスター1VOLだとハウリングしやすく、好みの歪みを得るのが難しい状態でした。5150Ⅲminiの方がエフェクトボードとの相性やアンプ単体の歪みが好みだったことも挙げられますね。

追記 買取結果

ヤフオクやメルカリは使ったことがなかったので、以前利用したイケベバイキングに買取を依頼。特に事前連絡もせず、2個口のダンボールに詰めて送りました。
今回買取を打診した1987Xは、2012年頃に電解コンデンサ全交換、真空管もバイアス調整済みの状態でした。表面のパネル部の退色が進んでおり、写真のような金色でなくもっと黒ずんだ状態でした。それでも大きな減額もなかったので、非常に満足のいく結果となりました。当時の価格で10万くらいだったので、十分元が取れたかと思います。今の販売価格って19万近くするんですね。
そしてC414BXL-Ⅱは、ほぼ上限の査定結果。AT4040はショックマウント欠品だったので大幅な減額でした。

全体的に満足のいく査定結果だったため、全て売却することでメール返信し取引成立。ついに自分の手元から離れることが確定しました。この感じだと、実家に置きっぱなしになっている不要機材類もすんなり処分できそうです。

TV用壁寄せスタンドで机周りをすっきり

DTM部屋のレイアウト変更を進めている最中ですが、机の置き場所がなくなってしまった40インチディスプレイをどうするか考え中でした。
結局、机の上に置くことをあきらめて壁寄せTVスタンドを取り付けることで解決を図りました。
早速、先日注文していたテレビスタンド WALL TV STAND V2ハイタイプが到着したので取り付けてみました。

TVスタンド取り付けメモ

段ボール箱を空けて中身を確認。発泡スチロールに囲まれた状態で梱包されていました。説明書は図解入りで非常にわかりやすく、ねじ類の入った袋にはアルファベット番号が印字されており特に迷うこともなく組み立てできました。
今回取り付けるフィリップス BDM4065UC/11につくか少し不安でしたが、背面下部の出っ張りが2cm未満だったため干渉することもなく設置できました。
まずはディスプレイの台座を取り外し。計6箇所のねじを外しました。

f:id:neuchappie:20190316111851j:plain

届く前は、スペーサーを噛ました状態で金具を取り付けるものと思っていましたが、出っ張り部分よりも上で固定する仕様なので普通に取り付けできました。
台座に引っ掛ける部分が奥側と手前側の2段階になっており、手前側に設置することで約2.5cmの隙間が稼げます。

f:id:neuchappie:20190316112654j:plain

引っ掛ける箇所は手前側のみ使用可能でした。実際に設置してみると指が通るくらいの隙間が空いているので、もっと出っ張っているディスプレイにも対応できそうな感じでした。

f:id:neuchappie:20190316112728j:plain

スタンドの高さを一番下げた状態にしましたが、ディスプレイの下側からの高さは約79cmと導入前より少し高めになりました。
今の位置よりも下げる場合は、ディスプレイ側金具をもっと上に取り付けるといけます。あと5cmくらいは下げれそうですが、今の40インチだとあと2cmが限界かな。これ以上上げると金具が上に飛び出て見栄えが悪くなるかと思います。

f:id:neuchappie:20190316122150j:plain

 

設置後の感想

設置後はスタンドの支柱部分くらいしか視界に入らないものの、支柱にプリントされたウォールナット調のデザインがきれいです。そのおかげで、スチール製の無機質な感じを見事に緩和してくれています。マウントアームの類だとメカメカしくなってしまいますが、このスタンドは部屋の外観を損なわないので良かったです。
機能的にはちょうどよい高さに設定できたし、机新調時にも微調整可能なので末永く使えそうです。
別室にTV用ローボードを置いていますが、この製品のロータイプに替えてすっきりさせるのもありかなと思いました。壁掛けTVに近い形で設置できるので部屋も広々とします。
他にもっと安価な類似品があったのですが、購入先メーカーに問い合わせた際のレスポンスや対応が良かったので、何か問題があった場合のことを考えてこの製品を選びました。
全体の仕上がりも期待通りでした。最近買ったものの中ではトップクラスの満足度ですね。

DTM用机の入れ替え案

最近40インチのディスプレイに入れ替えたせいもあって、今使っている幅120cm×奥行60cm×高さ70cmの机が窮屈になってきたため、レイアウト変更を検討中です。最初はダイニングテーブル導入を視野に入れて考えましたが、思ったようなものがなく一旦白紙に。肝となるのはやはり耐荷重になります。

発想の転換

机1台に40インチディスプレイ約11kg。モニタースピーカー2台22kg、MOTIF-ES7 19.2kgの計約52kgを載せようと考えていましたが、机の大きさや幅を広げることでたわみや荷重を考慮する必要があり、なかなか要件を満たす机が見つかりませんでした。5ちゃんねるのPCデスク総合過去ログを漁ったりしましたが、150cm幅以上で考えていくと部屋への搬入や組み立てに不安が出てきたため発想を転換して計画を見直すことに。

荷重の分散を試みる

全ての機材を机に載せることは早々に断念し、各機材を分散して配置することで考えていきました。モニタースピーカーは90cmくらいの高さのスタンドに収め、76鍵キーボードは今使っているキーボードスタンドに載せて机の前方に。こうすると机の入れ替えをすることなく理想的な配置になります。でも使用頻度が一番高いマウス操作がネックになってきます。

マウス操作をどうするか

奥の机からだとMOTIF-ESが机よりも高く距離が遠くなりすぎるため、肘が伸びた状態で手首にも負担がかかる状態になってしまいます。机とMOTIF-ESの段差は約5cm。本とかで高さを合わせると手首の負担は解消されましたが、やはりちょっと遠い。MOTIF-ES右側の平らなスペースだとちょうどよいものの、鍵盤が干渉してしまいあまり使い心地がよくありません。机の奥にキーボードスタンドを配置する案も考えましたが、鍵盤が遠くなりすぎて今の案以上に問題が膨らんだため取りやめました。

別の案としてマウス用のサイドテーブルを右手手前に設置するのがいいんじゃないかと思い、早速実験してみました。ちょうど四角いブックシェルフ型スピーカーを2台積み上げて簡易的なサイドテーブルにしてみました。高さが72cmと今の机よりも2cm高くなりましたが、約20cm四方のスペースで期待通りの役割が果たせそうです。置き方を変えて高さ57cmにしても違和感なし。ちょっと低いかなと感じるくらい。ぐらつきがなければこのサイドテーブル案が一番しっくり来るかなと感じました。

机はどうする?

今考えているキーボード最前列の配置だと机としての機能があまり意味を成していない状態で、物を書いたり食事をしたり、そしてひじをついて休んだりといったことが非常にやりづらくなってしまいました。これだったらディスプレイは今の位置に収まるスタンドにして机を撤去してもいいのではと思い、実際に机を撤去して12Uラック上にディスプレイを配置。ディスプレイの高さが低くなってしまったので違和感は拭えませんが、機能的には特に問題なさそうです。

結局必要なものは

計画の大幅な見直しにより頑丈で大きな机は不要となり、ディスプレイを支えるスタンドやサイドテーブルがあればよくなりました。今使っている机はダイニングテーブルとして別の部屋に持っていこうかと思っています。

ディスプレイスタンドについてはナカムラ WALL TV STAND V2にしようかと思っています。テレビ対応表を確認すると自分が使っているフィリップス BDM4065UCは△で条件つきで設置可能となっていました。詳細が知りたかったので、公式ページより問い合わせ中です。

サイドテーブルは、なかなかこれといったものが見つかりませんでした。マウス操作前提の商品って机にクランプで設置するタイプがメインのようで、サイドテーブルはコーヒーカップとか軽めのものを置くタイプのものばかり。華奢な作りが多くぐらぐらしそう。結局、頑丈な12Uラックを右手前に移動し天板をテーブル代わりに代用しています。

 

レイアウト変更途中経過

f:id:neuchappie:20190310205824j:plain


とりあえず配置は机を排した案で仮運用。モニタースピーカーを実家から持ってくる予定でしたが、急遽計画を変更しオーディオ用で使用しているB&W805とAVアンプで代用します。アンプはラック最下段に格納してみましたが、ぴったりでいい感じでした。スカスカだったラックもそれなりに埋まっており活用できてよかったです。あとはディスプレイスタンドだけど、今のディスプレイに取り付け可能か問い合わせ中なのでもう少し時間がかかりそうです。

こじんまりとしたサイドテーブルは物色中でいいものがあれば購入予定です。

やはり平面スペースは必要!?

写真のレイアウトで1週間くらい使ってみましたが、机の平面スペースをなくした事によるデメリットを強く感じるように。今まであまり意識していなかった頬杖をついたり、休憩時に机に寄りかかったりといった動作が制限されてしまい、非常に疲れやすくなりました。一旦机を元に戻して奥側に鍵盤を置きましたが、こっちのほうが断然使いやすかったです。机の高さが70cmなので、鍵盤の演奏には少し高く感じるものの許容範囲かなと思います。

鍵盤を置いた状態で手前の平面スペース奥行きは約25cm。ちょっと窮屈に感じますが、あと5cmから10cmあれば上出来。奥行き60cmの机なので70cmあればベストかな。鍵盤を弾く時、今の高さだとちょっと高く感じるのであと5cmは下げたい。でも高さ65cmの机は簡易的な折りたたみ式の机ばかりでMOTIF-ESを載せるのには向いてないものばかりでした。また、マウス、タイピング主体の時は今の高さがちょうどいい状態なので、ある程度妥協できる高さを探る必要があります。

スタンディングデスク意外な使い道

やはりそれぞれの使い方を両立するためには、机の高さを手軽に昇降できる電動スタンディングデスクがマッチしているのではと考えました。耐荷重も80kgある製品とかあるのでMOTIF-ESの設置程度だと特に問題なさそう。

値段もOAメーカーだと10万を超えますが、Amazonで見つけたFlexiSpotというメーカーのものだと電動昇降部分の足が半額くらいで買えるみたい。ただ検索したらユーチューバーやブロガーがただでもらって絶賛してるのが気がかり・・・。

とりあえず仮設置のままで

スタンディングデスクは魅力的に見えたものの、そこまでして導入するほどでもないと判断し今の仮設置状態でしばらく使ってみることにします。結局のところ、机の選択肢が皆無に等しくて思っていたレイアウトには出来そうもないことがわかったので、ある程度妥協できるラインで一旦導入を見送りたいと思います。

それでもディスプレイやスピーカー類は机から切り離すことが出来たので十分満足です。

オリコザポイントカードを利用して2ヶ月経過の感想

ポイント周りの見直しでAmazonカードやYahooJapanカードを解約し、新たにオリコザポイントカードを発行しました。約2ヶ月間使用した感想を述べたいと思います。

良かった点

カードにIDやQUICPayの機能が標準装備されているため、スムーズに会計できる店が増えました。コンビニとかだとカードを店員さんに渡さないといけない場合があったのがかざすだけで済むように。なかなか便利です。

それ以外では発行月から6ヶ月が2%還元となるところ。とりあえずはメインカードとして使い倒しているところです。

微妙な点

利用履歴の確認の際、文字認証の入力が必須で面倒。

利用明細の反映が遅い。

オリコモールが使いづらい。

オリコモール経由でまとめ買いができない。

オリコモールの上乗せ分が本当に適用されているかわからないところ。

楽天楽天カードを使ってオリコモール経由せずに買い物したほうが断然お得な点。

悪かった点

登録した電話番号に勧誘電話がかかってくる点。

何かのポイントに変換しないと貯めたポイントが使えない点。

ポイント変換の単位が最低500ポイントで、それ以下の端数が使い切れない点。

ポイント変換の反映が遅い点。(楽天で約2週間)

 

今のところこんな感じです。6ヶ月後はサブカードに降格予定です。場合によっては頃合を見計らって解約もありえるかも。(すぐには解約しませんが)

オリコモールに過剰な期待をしたのが悪かったのかな。大半が0.5%しかつかないのでそれほどうまみがないのと経由作業が面倒。しかもAmazonくらいしか使い道がありません。

オリコポイントはポイント発行から1年が期限なので、どのポイントがいつ切れるかがわかりづらく、細切れに買い物したポイントが貯まりきらず期限切れを起こすことも考えられます。常に買い物し続けていれば問題ないでしょうが、カードを使い分け始めて利用期間に隔たりが出始めると非常に扱いづらいのではないでしょうか。

 

以上がオリコザポイントカードを2ヶ月利用した感想になります。無理に持つ必要もない平凡なカードだったかなと思います。ちなみに勧誘電話に関してはweb上の問い合わせで解除可能です。それも面倒な場合は着信拒否等で対応するしかないでしょうね。

サブPC(Windows7)にWindows10をアップグレードしてみる

実家に移設予定のWindows7PCに対して、テストも兼ねてWindows10アップグレードを適用してみました。DSP版のwin7なので可能なのかわからず駄目元で。

インストールUSBの作成

まずは以下のリンクからMediaCreationTool.exeをダウンロード。

www.microsoft.com「実行する操作を指定してください」に対して別のPCのインストールメディアを作成するを選択。

「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」に対してデフォルトで次へ。

(現在インストールされているWindows7と同等のものが選ばれます)

「使用するメディアを選んでください」に対してUSBフラッシュドライブを選択。

USBメモリをセットして次へを答えると書き込みが開始され、1時間もかからずインストール用USBメモリを作成できました。

アップグレードの開始

USBメモリの中にあるsetup.exeでアップグレードを開始します。そこからは特に迷うことなく進んでいき、アップグレードが完了しました。プロダクトキーの入力を行うことなく認証もできています。

とりあえずテストは以上。今回はWindows10のアップグレード及び認証が正しく行えるかどうかが知りたかっただけなので、アプリの動作等は起動テストのみで終わりました。このサブPCで使う予定のOnix820iはWindows10に対応していないため、復元機能を使ってWindows7に戻しました。戻すのはアップグレードしてから10日間まで可能なようです。(私の場合)

メインPCは夏ごろ変更予定

メインPCは今の状態で十分支障なく作業できているため、この環境を夏ごろまで維持して使っていくつもりです。そのあたりになると恒例のCUBASEアップグレードキャンペーンが行われると思うので、ここで10にアップグレードし環境を一新します。その際は今回試したアップグレードではなく、クリーンインストールにするつもり。VOCALOID系とかはディアクティベートしないとまずいので、その他アプリ等も調べてそれまでに対応方法を下調べして準備を整えます。

一からインストールし直すのは非常に面倒くさいですが、Windows7のサポート期限が1年を切っていますのでやむをえないところですね。

DTM用の机を物色中

2004年頃から使ってきた机(LOFTで購入)も手前前面の化粧版が剥がれかかったり、120cm×60cmサイズが手狭になったりでそろそろ買い替え時かなと思っています。

楽天などの通販ページを色々と見て回っているのですが、本当にこれといった机が見つからないですね。検索上位にくるのはLOWYAとか見た目おしゃれなもので一見良さそうに見えるものの、耐荷重に不安があるものしかありません。天板の補強がないみたいなのであまり物を載せられそうにないですね。

 

DTM用机で最低限必要な条件

DTM用として私が求めているのは、

・横幅:140cm以上、奥行:70cm以上

・耐荷重:最低でも60kg以上は確保したい

 載せる予定のもの(大物のみ)

 40インチモニター:12kg、MOTIF-ES7:18.1kg、

 モニターSP  BM6A:22kg 計52kg

・横揺れや上下の揺れが少ないもの

・引き出し、ケーブル用穴等の余計なオプションは不要

・ラックマウントスペースが2U欲しい

 

さすがにこれだけの条件を満たすものは市販品でなかなかお目にかかりません。DTM用として販売されているものもちらほらと確認しましたが、現在使用している40インチモニターが遥か上へと行ってしまうので無理。せいぜい1U程度の高さが限界なのですが、そのような製品は見当たりません。ここは無理に机上にラックマウントせず今の12Uラックのままで妥協するのがいいかも。

ニトリへ下見に

結局のところ、ネット通販で得られる情報だけで購入するのは失敗する恐れが高いとの結論に至りました。何かのヒントが掴めるかもと思い、近くのニトリに出向くことにしました。

最初はPCデスクコーナーを見て回ったのですが、全ての条件が満たされないものばかりで早々にダイニングテーブルコーナーへ。サイズ感は申し分なしでしたが、値段に比例して足や横揺れ、補強といった工夫が凝らされているのを確認。一番安いモデルは、がたつきもあるし、なにより頼りなく長く持ちそうに見えませんでした。6万円くらいのものになるとやはりしっかりした作りで、天板裏の補強や横揺れ対策が考えられているようでした。値段が高いモデルでも天板が天然の板をタイル上に敷き詰めてデコボコしてたり、足の構造によって横揺れに弱かったりで、現物を実際に見ないとわからない情報がたくさん得られました。

個人的にこれでいいかもと思った机は、ニトリ通販で取り扱っていなくて謎。販売終息品なのかな。それ以外のモデルは何かしら気になる点があったので、買うとしたらこれしかないみたい。ただし1点だけマイナス要素があり、モニタマウントアームはつかないということ。まぁ奥行きが20cmも広くなるので今のままで問題はありませんが。

耐荷重表示はないので憶測でしかわかりませんが、今使っている机よりかは頑丈そう。