Two Notes Torpedo Liveのファーストインプレッション

f:id:neuchappie:20140819170026j:plain

■もう少し後に購入する予定が

Torpedo Liveの購入をずっと考えていたのですが、某楽器店の決算セールのリストにアウトレット特価品が追加されていたのを発見。この楽器店は20日までセールを行ってて、最終値引き品として追加された模様。価格は73440円と市価よりも14000円くらい安く、これを逃すとしばらくは買えないと思い購入。ここのお店は欲しいと思ったものがよく値引きされるのでよく利用しています。前回はMoogのアナログディレイを購入しました。

今回購入した品はアウトレット品で、天板やラック耳等に擦り傷があると表示あり。いざ届いて開封してみると傷らしきものは一切無く新品そのもの。これはちょっとお得だったかも。楽器店特有のチョイ傷特価のマジック発動かな。

筐体は綺麗な白色で美しいです。ただ、塗料がちょっと剥がれやすそうな雰囲気なので注意が必要。プロ用機材に無骨な概観が多い理由ってこういうところにあるのかも。。

 

前置きはこれくらいにして早速、Kemperをプリ代わりに使って性能を試してみることにしました。ロードボックス機能は使わずLINE入力で使用し、パワーアンプはTorpedo Live内のものを利用。Kemperのキャビネットと違いを比較していきました。

 

■自由度の高いエディット

本体は小さい液晶パネルしかついていませんが、操作は簡単で直感的にエディットしていけます。それに比べるとKemperとかはボタンの配置や階層が複雑でわかりづらいんですよね。

また、PCに繋いで専用ソフトを使うとより視覚的にエディットできたり、追加データがダウンロードできたりします。店頭で使われたのか、追加データは既にインストール済みでした。(初期状態のままで勘違いでした)

 

以前、知恵袋で思ったほど空気感が出ないといった質問を見かけたことがあり、プリアンプのみの使用は問題があるかと懸念していましたが、全くそんなことはなくプリからのLINE入力であってもKemperや実際にマイク録りした音との差異を感じませんでした。

最初に触った感じでは、耳に痛いLINE臭さを匂わせる硬い音でしたが、実はプリセットの最初がリアルアンプ用のプリセットでパワーアンプ機能がOFFになっていたためでした。パワーアンプ無しで使うことは想定されていないようです。これは昔使っていたPDI-03にも言えることでして、こちらもパワーアンプの有無で音が激変しました。パワーアンプなしではお話にならないくらい酷い音で、ギタープリ+PDI-03の運用は意味の無いものでした。

 

次にマイキングやパワー管の設定を触っていきます。設定項目は細かい部分までエディット可能でKemperのような簡易的な補正とは違い、真空管、マイクの種類やマイキング、EQ等多岐に渡ります。キャビの裏からのシミュレートも搭載されていますが、2系統同時に使用できないためあまり意味は無いかもしれないです。(上位機種用の機能)

この機材の特徴のひとつであるパワーアンプのシミュレートは秀逸で、Marshallを6L6Gで駆動したりして普段とは違う音色を楽しめました。自分でプロファイルしたアンプの雰囲気を変えることができます。

最も興味のあったキャビネット機能については、既存の主要なメーカーのキャビネットが揃ってて充実しています。キャビネット名が略称なのでちょっとわかりにくいかな。追加データの詳しい解説が説明書には載っていなかったので、公式サイトで調べる必要がありますね。

 

■今後に期待

今回はプロファイルアンプのKemperを使っての確認に留まりましたが、実家に置いてあるアンプ群に繋いだらどうなるか非常に楽しみ。自分でプロファイルしたアンプをプリとして使った印象では十分期待が持てる音質でした。ひょっとしたら実家でマイク録音するよりも良質な音を出せるかも。そう考えると早く試してみたいところではありますが、大きな荷物なのでちょっと準備が必要です。

 

■追加

早速PC上でエディットできるTorpedo Remoteをインストール。このソフト上から追加キャビネットがインストールできるそうですが操作がよくわからないんです・・・。取扱説明書にはいくつかのキャビネットが追加ダウンロードできると書いてますが、いくらやってもエラーで追加できない。

色々と試してみると、どうも本体側は32個までしか保存できないみたいで、既に初期状態の段階ですべて埋まっているため追加できなかったようです。つまり初期設定のデータと入れ替えることで本体側に保存可能とのこと。いらないキャビと差し替える必要があるため、一通りのキャビネットを試してからにしようと思います。