【BOSS 技クラフトシリーズ】BOSS本家によるモディファイモデル登場

国産エフェクターとして世界で愛用されているBOSSから定番3機種(SD-1、BD-2、DM-2)のモディファイモデルが発売されました。

リファイン物としては、今年の3月にデジタル回路で再構築したOD-1X、DS-1Xが記憶に新しいのですが、今回はアナログ回路にこだわった代物のようです。同じ年にデジタル物とアナログ物でリファインするとは。。

 

SD-1やBD-2といえば他社や個人製作家達のリファインモデルが多数リリースされています。KeeleyやAnalogman等が有名ですね。昔はこういったモディファイ物が一斉を風靡し、雨後の竹の子のように色々なモデルが発売されてましたね。

ただやはり技術や製品を間借りしたものを自社製品として売るのはちょっとどうかなと思うところがあり、積極的に試すことはなかったです。

Vertex Wahのように元の製品名を隠して販売するような例は後にも先にもあれが最後だと思いますが、やはりモディファイモデルを販売するうえで、元製品に対するリスペクト(respect)が必要だと感じました。

そういった背景を考えると、本家メーカーからモディファイモデルが出たのは偶然ではなく必然だったのかも。これはクローンモデルが多数出ているチューブスクリーマーにも当てはまりますね。

 

このたび新発売された3機種(SD-1W、BD-2W、DM-2W)はそういったモディファイ物とは違い、本家が直接手を加えたということで非常に興味があります。

特にBD-2WとDM-2W。BD-2の代用品は手元にないので持っておきたいし、BOSSとしては長らく欠番だったアナログ回路を使ったDM-2Wも興味深々。このDM-2Wを手に入れることでMAXONやMoogerfoogerと並び、主要なアナログディレイをほぼ網羅することになります。(エレハモでコンプリート?)

どうもDM-2Wは発売延期で入荷未定状態のようです。何か問題でもあったのかな。

 

高級なものも含めて色々と散財した結果の拙い感想ですが、機材に対する異常なこだわりは随分と枯れ果てました。やはり機材はシンプルが一番。ちょっとした機能の違いや音の質感にこだわってマイナー製品を探すよりも、BOSSやMAXONのシンプルな製品でスパッと音作りを決めて演奏するのが楽でいいかなぁと感じております。