CUBASE PRO8にアップデート

CUBASE 7.5から8.0へアップデート。メニューがいくつか変わったことにより、操作にとまどいを感じながらぼちぼち触っている日々です。

CUBASE内のウィンドウがバラバラになったことで、デュアルディスプレイでも違和感なく自由に配置できるように改善されました。そしてこれらの画面配置はワークスペースというメニューから登録が可能で、それらプリセットを瞬時に切り替えることができます。今までは画面を開いたり閉じたり動かしたりとせわしなく操作しながら作業していたのですが、この機能を使うことで作業時間が大幅に短縮されることでしょう。

コード関連の機能も強化されており、コードパッドを使うことで簡単にMIDIデータを貼り付けることができます。コードパッドも色々とカスタマイズできるので、曲作りに何かと役立つかと。鍵盤楽器は素人なのですが、これを使うと誰でも伴奏できますね。ちょっと頑張れば右手でメロディを奏でるくらいはいけそうな気がします。

コードトラックとも密接に関係していて、かなり自由で簡単なコード進行作成ができるようです。

他にも色々な機能が追加されていますが、個人的には6や7の時よりも有益なアップデートだったと感じました。