ライブラリの旗艦としてMusicBeeを選択してから・・・

今までは何も考えずItunesを使用してきましたが、musicbeeに切り替えてから自分の望んでいたライブラリ管理ができるようになりました。

以下、itunesが抱えていた欠点を。

 

動作が重い。

余計なアプリがくっついてくる。

アルバムアート表示がもっさりしている。

アップデート通知が鬱陶しい。

ソート順が柔軟にカスタマイズできない。

FLACハイレゾに対応していない。

WASAPI排他モードに対応していない。

バージョンアップにより仕様がコロコロ変わる。

 

・・・という感じで、我が道をひたすら突き進む姿勢に変わりはありません。あまりユーザーの意見とか聞いてなさそうで、自画自賛な感じがちょっと嫌でした。

MusicBeeに切り替えてからは全て解決し、以前よりも素直に音楽を楽しめるようになりました。止まっていたライブラリ構築も急ピッチで進んでいます。

今後の展開としてネットワークオーディオに突き進むか迷っているところですが、周辺機器を揃えないと何ともいえないところです。まだまだ過渡期だと思うので様子を見ていますが。。