【ギター】エフェクター レビューの難しさ

円高だった数年前。ここぞとばかりにギターエフェクター個人輸入して買い漁っていました。利用したお店はPro Guitar ShopやAnalogmanやKeeleyで円高の恩恵を最大限に享受しました。

特に歪みモノは積極的に試しました。数年前に初めて個人輸入して買ったFULLTONE FULLDRIVE2やコメ兵で買ったKLON CENTUR。(絵無しゴールド筐体、当時54000円くらいでした)この2つは今でも愛用しています。

それ以外では空間系も色々と試してみました。ANALOGMAN Chorus、Strymon Blue Sky、Mobius、Diamond Toremolo、Red Witch Moon Phaser等。

 

空間系はほぼ一通りの種類を網羅しました。しかしエフェクターにおいて歪みモノは色々な用途、機能、個性がありなかなか確定しませんでした。

店で試奏したり、ネットで入念に下調べした上で購入しても思うような音にならず、ほとんど使用しないまま持て余すエフェクターが増えていきました。大半は売却して手元に残っていません。TONEBONE Classic、Keeley MT-2mod、Shur Riot、Wampler Pinacle、T-Wreck等。

振り返ってみると、2ちゃんねるで話題になったものとか、著名なレビューサイトで取り上げられたものとかの情報を鵜呑みにして購入することが多かったです。たとえ試奏できたとしても、持ち帰って自分の環境でしばらく使ってみないと判断できませんでした。

このように数多くの失敗を重ねた結果、いつしかそういった機材レビューそのものに興味を失ってしまい現在に至ります。

 

冷静に自分の判断した理由を考えてみると

「実は機材の音を聴いて判断してなかったのかも」

・・・ふと思い立ったわけです。

 

購買意欲を掻き立てられたデモ音源は音源そのものに魅力があり、フレージングや録音の上手さ、そして簡潔でストレスのないまとめ方等、プロモーションが上手いんですね。シマムラ楽器やデジマート等のデモ音源では購買意欲が沸かないのも納得です。(本音言ってスイマセン)

以下、そんなレビュー、デモです。

info.shimamura.co.jp

 

このように伝え方次第で随分と印象が変わる。そんな事実に今更ながら気づいた自分。それを踏まえて考えると、本当の意味で有用なレビューって何なんだろうと。

シマムラ楽器やデジマートのように、ある意味実力以上の音を出さず正直に伝えるのもありかも。美麗字句でデコレートされず、ごく普通のレコーディング環境で録られた生々しいデモや個人がビデオカメラを回して録ったようなデモ。変な誇張がなく素直な音が聴けます。

一方、音が別録りのデモは非常にクリアでいい音なのですが、色々と編集を加えていると思うので本来の音とはかけ離れたものも容易に作り出せます。

 

本来の音を伝えるという意味では、機材に関係ない要素を全て廃した冷徹なデモ音源が有用なのかもしれませんね。