実家に帰りCD取り込み作業を再開

現在MusicBeeを利用してライブラリの再構築中です。しかし昔CDに取り込んだフォーマットが統一されていないこともあり、大半の音源を可逆圧縮のALACに揃えようと思っていました。

所有しているCD群は自宅に1枚も無く全て実家に眠っている為、一旦実家に帰る必要がありました。データの移動をどうするか考えたのですが、結局無難な外付HDD経由での移動にしました。クラウドストレージだと著作権や転送速度の問題があるので避けました。

 

しかしCDの取り込み作業は結構手間ですね。大半のCDは自動でアートワークが紐付けられるのですが、ものによっては違うものやサイズが小さいものになることがあるので一部はスキャンで対応しました。特に邦楽のマイナーなCDは見つからないですね。

また、CD-RにライターしたCDも試しに取り込んでみたのですが、普通にタグ付けされるんですね。そして駄目なものもありました。

それ以外では、musicbeeだとHDCDの取り込みも可能な為、King CrimsonやYESの取り込み直しも実行しました。

King Crimsonは様々なバージョンのCDが出ている為、収集するのは大変ですがある程度で見切りをつけてしまいました。

 

結局今回は80枚くらいをリッピングして終了。残りはそれほど思い入れのないものが多いので後回しにしました。

これで粗方ライブラリ再構築作業は完了。しばらくはこの状態で満足です。