エフェクトボード用のパッチケーブル遍歴

皆さんはエフェクトボード用のパッチケーブルは何を使ってますか?

ギター・アンプ間のケーブルと違い、配置の限られたエフェクトボード内ではケーブルの取り回しや調整できる長さ、プラグ形状、作りやすさが重視されると思います。

市販品のケーブルだとプラグ形状やケーブルの長さが固定される為、ケーブルに合わせた配置になりがちです。そういったニーズを察知したのか、最近では各社からソルダーレスのパッチケーブル作成キットが出ています。

この手の走りはジョージエルスだったと思いますが、私も最初はこれを利用していました。でもケーブル自体の巻き癖が強かったり、プラグ内の接触不良が起きたりでいまいちでした。そういうこともありBELDEN9395とスイッチクラフトのプラグで作ったケーブルに戻り、しばらくこの状態で使用していました。

 

数年前、エフェクトボードをペダルトレインに変えてからパッチケーブル全面入れ替えを決行。その時に選択したのが当時話題になっていたLAVAケーブル miniELCキットでした。

しかし乗り換えたものの、接触不良が時々起きるのがネック。どうもこの手のソルダーレスタイプは安定性に欠けるようで。

それ以外に改良版の芯線にチップを半田付けするタイプも出回りましたが、製作難易度が高く全くオススメできません。その次に出たTightRope専用プラグでようやくまともな構造になったかな。

 

結局LAVAは選択せず、当時気になっていたFREE THE TONEのソルダーレスパッチケーブルキットに乗り換えて現在に至ります。

今まで利用してきた中では一番出来がよくて、ケーブルのしなやかさ、プラグ形状の小ささ、そして何より作りやすさがダントツでした。今のところノートラブルで安定してますね。

激しく機材を入れ替える人にもオススメで、替え用のケーブルさえあればすぐに配置替えできます。半田付しちゃうとプラグ再利用が困難になってしまうので、そういう意味でもソルダーレスパッチケーブルは理に適っているかなと。