ファズとワウの相性

 

ワウの後段にファズを置くとどのような変化が出るかをテスト。ワウはファズを繋ぐためのアウトバッファが工夫されていないもの。当然ながらゲルマニウム系ファズとの相性は良くない。

 

まずはANALOGMAN SUN FACE FUZZを繋いでみる。

大方の予想通り常に発振した状態となり、ワウのかかりも無いに等しい状態だった。バッファ代わりにCENTAURを間に噛ませてみたが改善されず。やはりインピーダンスが適正な値じゃないと上手くいかないと思われる。

 

次にシリコン系のBLACKCAT OD-FUZZ。

OD側は普通にワウがかかるが、FUZZ側はかかりが弱いものの悪くは無い。

 

次。Earth Quaker Devices Hoof2。

これは普通にワウがかかり問題なし。ファズの音質も大きな変化なし。合格。

 

その次。Deviever Hyperion

FUZZつまみを最大にすると発振する。ファズの音質は低域がスカスカになったように感じる。あまり好みの変化ではない。

 

次は同社のRocket。

このペダルの特色であるトレモロやカオス機能とワウの相性は非常に悪い。2つのファズにワウが加わることで音色は徹底的に破壊され制御不能。これだと何を演奏しているのか自分自身もよくわからないといった具合。少なくとも自分には使いこなせそうにない。客観的に見て自己満足で終わる組み合わせなので、非採用確定。

 

以上がテスト結果。ボードに入れる予定だったHoof2が一番汎用性のある結果で良かった。それ以外はワウの前にセッティングする必要がある。ワウの前でも色々とテストしてみたが、マイルドなかかりでいまいち物足りず。やはりファズはワウの後段に置きたいとの結論に至った。

Hoof2はボード入り決定だが、ワウに関しては別のものを用意したい。持ち運びを考えてもう少し軽めのものをチョイスする必要がある。