はじめてのE-BOW

youtu.be

最近YoutubeでMarillionのLive動画を見ていて気づいたこと。曲はリリカルな曲調のSeasons End。Steve Rotheryの特徴である哀愁漂う泣きのギタープレイが楽しめる名曲です。

終盤でシームレスに繋がるギターソロ。てっきりサスティナーでも使ってるのかなと思っていたのですが、この動画を見ると右手に何かを持って演奏しています。最初はそれが何かよくわからなかったけれど、色々と調べるうちにE-Bowと呼ばれる機材であることが判明。この機材を使うことで無限のサステインが得られ、このようなシンセのような伸びやかなプレイが可能になるんですね。

 

新しいギタープレイを見につける為、早速買ってみました。実際に使ってみると弦移動時のスムーズな繋ぎや1弦、6弦の使用が難しいと感じました。また、絃移動時にガイド弦とE-Bowが当たってしまいタッチ音が出やすく、頻繁に弦移動を繰り返すフレージングは厳しいです。

それでも途切れない音が出せるのは非常に有用。ロバートフリップのフリッパトロニクス再現とかも。

 

f:id:neuchappie:20150912124413j:plain