次のLiveに向けて

自宅にて8月のLive動画をバンドメンバーと一緒に見ながらの反省会。自分の演奏を客観視するのは結構怖い。思っていたよりも致命的なミスがなかったのは幸いだった。

ビデオカメラの内蔵マイクで収録していたので、低音はほとんど聴こえずしゃりしゃりした音となっていた。

ギター音のバランス的にはKEMPERで良かったなぁと感じている。コーラスをかけたクリーントーンは意図したとおり。PA直で通したので、家で練習する時と変わらない音質だった。一部の歪みパートで埋没している箇所もあったが、これはバンド練習時にも同じ状態だったので、次回以降に補正しなければいけない。

 

鑑賞会終了後に次回に向けたカバーの選曲を話し合う。Youtubeで各々やりたい曲を流していき、あーでもないこーでもないと酒を飲みながらの打ち合わせ。とりあえずグランジ系3曲は決まったものの、他のバリエーションについては保留状態となった。各々のやりたいものがわかったのは良かった。次のライブでは偶発性のある不協和なサウンドが上手く表現できればいいなぁと感じつつお開き。