パワーサプライの決定版となりうるか MXR M-238

エフェクトボードの電源を一手に引き受けるパワーサプライ。近年は大電流タイプのエフェクターも増えてきて、パワーサプライ単体では対応できないケースも。

そういったニーズに応えた商品はいくつかありますが、電源に関してはPSEを取得しないと国内販売できないといった壁があり、なかなかいい製品が入ってきませんね。

また、エフェクター電源部のボルトやアンペアがバラバラなせいで、全てに対応したパワーサプライはなかなか見つかりません。

 

そんな中、随分前に国内販売が発表されたMXR M238。EVENTIDEの12Vには対応していないものの、9V 100mA*2、300mA*2、450mA*2、18V 250mA*2、5V~15Vの可変式 250mA*2と比較的色々なタイプの電源に適合する規格となっており、筐体サイズのコンパクトさも相まって使いやすそうです。筐体サイズの関係で電源供給部がACアダプタとなっている点はちょっと残念ですが、その分ボード内の省スペース化が実現するのでむしろこれはこれでアリかもしれません。

 

現在、私が使用しているパワーサプライはPEDALPOWERのMONDOですが、個人輸入したもので117V仕様のものです。テスターで計ったところ、適正な電流値を供給できているため昇圧せずにそのまま使用しているわけですが、サイズの問題等もあってMXR M238に乗り換えようかと考え中です。

でも18Vが2系統あるのが曲者で、今の自分の構成だと9V*8、12V*1が必要で18Vに対応したエフェクターが含まれていないんですよね。そのため、18V対応エフェクターへの入れ替えもしくはチューナーを電池に切り替える等の工夫が必要となるわけです。なかなか都合の良いパワーサプライってないものですね。

サイズは大きいけど、やっぱりPEDALPOWER MONDOしかないようです。

 

商品紹介ページリンク(国内代理店)

M238 Iso-Brick Power Supply – モリダイラ楽器