定期演奏会も4回目となりました

季節毎に開催しているバンドの定期演奏会も今回で4回目。新しいメンバーーとして、ボーカルの彼女がベース担当となり、私はまたギター担当に戻りました。

今回はアジカンのみで4曲をチョイスし、最初に候補曲として上げたacidmanの季節の灯は再現が難しいためボツとなりました。

向こうのバンドとの合同曲は、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」。ライブ栄えのする楽しいセッションで〆。

 

使用機材は前々回のギターでの参加と同じく変動無しでした。一時はライブを想定してエフェクターを入れ替えまくってましたが、今はほぼ不満無くて固定化してます。強いていうならば一番最後に導入したJ.ROCKETT AUDIO DESIGNSの「ARCHER」くらいかな。ボードの軽量化とあまり外に持ち出したくないと言う理由でKLONの「CENTAUR(ゴールド05年頃の個体)」と入れ替えたわけですが、やはりCENTAURの代替とまではいかなかったようです。(単音弾き時、ARCHERの方がすっきり(あっさり?)してる)

今回のライブでは音のレベル合わせが課題として残りました。KEMPERからラインで音出ししているのですが、もう片方のギターアンプに埋もれがちだったり、エフェクターの切り替えでレベルが変動してるせいでバランス取りが面倒だと聞きました。

振り返ってみれば「ARCHER」の使用時に音を大きくしすぎていたようで、BOGNER「RED」使用時に埋もれてしまいました。この辺りのレベル差は、次回までにDAW経由で録音してみて調整しようと思います。

 

次回以降もこのメンバーでいければいいけど、職場の異動やらがあるかもしれないのでどうなるかは未定。また、次は私がドラムを担当することもあるかも。その際は自分のリクエスト曲が採用されるとありがたいです。