MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

FRIEDMAN BE-ODとBOGNER ECSTASY RED

BD-ODを購入する前、手持ちの機材ECSTACY REDとの比較した動画を探していたのですが結局見つからず、それ以外の比較動画で何となく特徴を調べていました。

結局実際に比較することなく購入するに至ったFRIEDMAN BD-ODですが、長年にわたってメイン歪みとして使い続けたBOGNER ECSTASY REDとの比較を行ってみます。

 

それぞれをスイッチャーにセットし、切り替えながらミュートリフや単音弾き、コード弾き等を交えながら双方の特徴を試してみました。瞬時に切り替えることができるのですごくわかりやすかったです。

第一印象

ぱっと弾いた限りではECSTASYの方が暗めで地味な印象。しかし単音弾きだとなぜかはっきりとした音の粒立ちで際立つんですよね。フロントPUでも甘くならずしっかりとした音で抜けがいい。BE-DOは角が取れた甘い音になる為、ある意味素直な特性なのかも。

リフ関連

パワーリフやミュートリフを比べてみると、BE-ODはズシャーっとした付帯音が目立ち派手な鳴りで弾きやすい。低域もよく出ているようで一人で弾く分には気持ちがいいです。(バンドで合わせるとどうなるか?)

一方ECSTASY REDは付帯音が控えめで暗く、抜けが悪く感じます。(こじんまりした感じ?)各帯域のつまみを微調整しながら試行錯誤してもこの傾向は変わりません。

 音作りに関して

BE-ODはドンシャリで派手な為トレブルを下げ気味にして調整。あまりトレブルやゲインを上げすぎるとピーといったノイズが出やすいので、思ったほど上げれません。セッティングは比較的簡単で特に迷うことはありません。

それと内部トリマーでゲインを調整できます。空けてみたところ12時の位置で設定されていました。最小値(左に絞った状態)だとかなりゲインを落とすことができます。あまり上げすぎると発振してしまうので9時~10時付近に留めました。

 

ECSTASY REDについては極端なセッティングに不向きなので、それぞれの帯域バランスを確かめながら音を作っています。

ミニスイッチがたくさんついていますが、使用する設定がほぼ固まっており大きくいじることはありません。音の傾向を決めてもらってなくしても問題ないレベルです。色々といじれて音作りの幅が広いように見えますが、曲やジャンルによってセッティングを変えてどうこうといったバリエーションは出せません。

後発機種

BE-ODとECSTASY RED双方とも後発機種が発売予定です。面白いのがBE-ODは機能拡張したデラックス版、ECSTASY REDはブースト機能や各種ミニスイッチを削減したMINI版と相反するものを出すようです。音がどうなるかは不明。

 最後に

色々と試した結果、それぞれの得意な箇所がよくわかり甲乙つけがたいレベルでした。昔買った歪みペダルたちに比べると随分高い水準でまとまっており、あとは好みでチョイスしても問題なかったようです。

大きな差があれば手放そうかと思っていたのですが、もったいないので売らずに持っておくことにします。