MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

とりあえず見に行くだけ

一昨年バンド活動の一環で知り合いのところでライブに参加していましたが、仕事やメンバーの転勤等でバンドそのものが休止状態になり現在に至ります。今度知り合いのところで2月9日にライブをやるみたいなので観客として参加予定です。

この間の年末は、その準備としてバンド練習したりPAの音量バランスを試したりでお手伝いしてきました。ドラムは2本のマイクで録ったのですが、初めての経験で思ったよりもきれいに録れるもんだなと思いました。あとはそれ以外のパートとのバランス取りも試しましたが、なかなかうまくいかずギターのメンバーからも自分の音が聴こえないといったことが聞かれました。ライブ会場自体は納屋を改造して作ったものなので、広さ的に観客席の音と演者側の音をどう折り合いつけるかが難しいです。

録音した音を聴いたらベースが大きすぎてギターが引っ込んでしまっていまいちでした。確かにミキサー上のベースの音量は高かったけど、ヘッドフォンから聴いた音はあまりそう感じませんでした。もう少し試行錯誤しないと感覚がつかめないですね。

 

現在、バンド活動は休止状態ですが、いずれはオリジナル楽曲を作って披露できたらいいかなと思います。別に自分で演奏する必要もなくて知り合いのバンドのリクエストに応じられたらいいかなと思います。

曲に関してはサビだけ考えてみました状態で、あとは昔作りかけていた曲を仕上げるくらいかなぁと。でもこれらは女性ボーカルを想定して作っているので、男性ボーカル用の曲も考えたいと思っています。

この間買ったNEXUS2は便利でとりあえず仮で音をつける際に多用しています。でも残響成分やレイヤーとか最初から完成された状態のプリセット音源なので、曲を作りこんでいくうちに邪魔になることが多く、結局エディットしたり別の音源に差し替えたりすることが多いです。このNEXUS2は拡張音源がメインとなっていますが、個人的にはこれ以上拡張するよりは別のソフトシンセを買うことになりそうです。