MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

UNIVERSAL AUDIO OXを検討中

楽天市場DTM用の机を探してた時、なぜかUNIVERSAL AUDIO OXが検索でヒットして何だろうと思いながら確認してみると、アッテネーターとキャビシミュ機能、エフェクトが付いた機材であることがわかり、ちょっと興味がわいてきました。

早速、YouTubeで機材を調べ始めました。最初に見たのはこの動画。


UNIVERSAL AUDIO / OX AMP TOP BOX【デジマート・マガジン製品レビュー】

非常に丁寧な解説でこの機材がどんなものかよくわかりました。でもKemperやTorpedoみたいな類似機材との比較がないため、どの程度のポテンシャルなのかがよくわかりません。

次に検索単語にVSをつけたりして比較動画がないかをチェック。そうするとKemperやTorpedoを含む比較動画が見つかりました。ギター単音と音源のミックスで非常にわかりやすい内容となっており、各機材の特徴がよくわかりました。


Two Notes vs Ox vs Suhr vs Fryette vs Kemper vs Cabinet

KemperとTorpedoは所有しているので大体思ったとおりの音。この2つはIRデータで容易にキャビシミュを変更でき自由度が高いのですが、その時の収録状況により大きく変わり自分好みのセッティングを見つけるのが大変です。その点ではUNIVERSAL AUDIO OXは機能を絞り込んでいるので非常に簡単。

音質の比較についてはOXは低域が出てて太めな感じですね。でもこうやって比較しないと細かな違いがわからないレベルです。

結局のところ、OXが約15万円と考えるとTorpedoから乗り換えるほどではないかなと。この金額を出すならば新しいチューブアンプを買うとかもっと他に投資すべき先があるように思います。またOXにはプラグインアプリがついてきますが、MACもしくはipadしか操作できません。どちらも持っていませんので細かな操作ができず大きなマイナス要素です。

他に対抗馬がない時代に出ていれば話題になっていたと思います。でもKemperのような利便性や多様性があるわけではないので、劇的に変わる要素がないとなかなか新しい機材を導入するまでには至らない状態です。昔ほど最高のギター録音環境を目指す熱意もあまりないところもあって今回は見送ることにしました。