MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

DTM用机の入れ替え案

最近40インチのディスプレイに入れ替えたせいもあって、今使っている幅120cm×奥行60cm×高さ70cmの机が窮屈になってきたため、レイアウト変更を検討中です。最初はダイニングテーブル導入を視野に入れて考えましたが、思ったようなものがなく一旦白紙に。肝となるのはやはり耐荷重になります。

発想の転換

机1台に40インチディスプレイ約11kg。モニタースピーカー2台22kg、MOTIF-ES7 19.2kgの計約52kgを載せようと考えていましたが、机の大きさや幅を広げることでたわみや荷重を考慮する必要があり、なかなか要件を満たす机が見つかりませんでした。5ちゃんねるのPCデスク総合過去ログを漁ったりしましたが、150cm幅以上で考えていくと部屋への搬入や組み立てに不安が出てきたため発想を転換して計画を見直すことに。

荷重の分散を試みる

全ての機材を机に載せることは早々に断念し、各機材を分散して配置することで考えていきました。モニタースピーカーは90cmくらいの高さのスタンドに収め、76鍵キーボードは今使っているキーボードスタンドに載せて机の前方に。こうすると机の入れ替えをすることなく理想的な配置になります。でも使用頻度が一番高いマウス操作がネックになってきます。

マウス操作をどうするか

奥の机からだとMOTIF-ESが机よりも高く距離が遠くなりすぎるため、肘が伸びた状態で手首にも負担がかかる状態になってしまいます。机とMOTIF-ESの段差は約5cm。本とかで高さを合わせると手首の負担は解消されましたが、やはりちょっと遠い。MOTIF-ES右側の平らなスペースだとちょうどよいものの、鍵盤が干渉してしまいあまり使い心地がよくありません。机の奥にキーボードスタンドを配置する案も考えましたが、鍵盤が遠くなりすぎて今の案以上に問題が膨らんだため取りやめました。

別の案としてマウス用のサイドテーブルを右手手前に設置するのがいいんじゃないかと思い、早速実験してみました。ちょうど四角いブックシェルフ型スピーカーを2台積み上げて簡易的なサイドテーブルにしてみました。高さが72cmと今の机よりも2cm高くなりましたが、約20cm四方のスペースで期待通りの役割が果たせそうです。置き方を変えて高さ57cmにしても違和感なし。ちょっと低いかなと感じるくらい。ぐらつきがなければこのサイドテーブル案が一番しっくり来るかなと感じました。

机はどうする?

今考えているキーボード最前列の配置だと机としての機能があまり意味を成していない状態で、物を書いたり食事をしたり、そしてひじをついて休んだりといったことが非常にやりづらくなってしまいました。これだったらディスプレイは今の位置に収まるスタンドにして机を撤去してもいいのではと思い、実際に机を撤去して12Uラック上にディスプレイを配置。ディスプレイの高さが低くなってしまったので違和感は拭えませんが、機能的には特に問題なさそうです。

結局必要なものは

計画の大幅な見直しにより頑丈で大きな机は不要となり、ディスプレイを支えるスタンドやサイドテーブルがあればよくなりました。今使っている机はダイニングテーブルとして別の部屋に持っていこうかと思っています。

ディスプレイスタンドについてはナカムラ WALL TV STAND V2にしようかと思っています。テレビ対応表を確認すると自分が使っているフィリップス BDM4065UCは△で条件つきで設置可能となっていました。詳細が知りたかったので、公式ページより問い合わせ中です。

サイドテーブルは、なかなかこれといったものが見つかりませんでした。マウス操作前提の商品って机にクランプで設置するタイプがメインのようで、サイドテーブルはコーヒーカップとか軽めのものを置くタイプのものばかり。華奢な作りが多くぐらぐらしそう。結局、頑丈な12Uラックを右手前に移動し天板をテーブル代わりに代用しています。

 

レイアウト変更途中経過

f:id:neuchappie:20190310205824j:plain


とりあえず配置は机を排した案で仮運用。モニタースピーカーを実家から持ってくる予定でしたが、急遽計画を変更しオーディオ用で使用しているB&W805とAVアンプで代用します。アンプはラック最下段に格納してみましたが、ぴったりでいい感じでした。スカスカだったラックもそれなりに埋まっており活用できてよかったです。あとはディスプレイスタンドだけど、今のディスプレイに取り付け可能か問い合わせ中なのでもう少し時間がかかりそうです。

こじんまりとしたサイドテーブルは物色中でいいものがあれば購入予定です。

やはり平面スペースは必要!?

写真のレイアウトで1週間くらい使ってみましたが、机の平面スペースをなくした事によるデメリットを強く感じるように。今まであまり意識していなかった頬杖をついたり、休憩時に机に寄りかかったりといった動作が制限されてしまい、非常に疲れやすくなりました。一旦机を元に戻して奥側に鍵盤を置きましたが、こっちのほうが断然使いやすかったです。机の高さが70cmなので、鍵盤の演奏には少し高く感じるものの許容範囲かなと思います。

鍵盤を置いた状態で手前の平面スペース奥行きは約25cm。ちょっと窮屈に感じますが、あと5cmから10cmあれば上出来。奥行き60cmの机なので70cmあればベストかな。鍵盤を弾く時、今の高さだとちょっと高く感じるのであと5cmは下げたい。でも高さ65cmの机は簡易的な折りたたみ式の机ばかりでMOTIF-ESを載せるのには向いてないものばかりでした。また、マウス、タイピング主体の時は今の高さがちょうどいい状態なので、ある程度妥協できる高さを探る必要があります。

スタンディングデスク意外な使い道

やはりそれぞれの使い方を両立するためには、机の高さを手軽に昇降できる電動スタンディングデスクがマッチしているのではと考えました。耐荷重も80kgある製品とかあるのでMOTIF-ESの設置程度だと特に問題なさそう。

値段もOAメーカーだと10万を超えますが、Amazonで見つけたFlexiSpotというメーカーのものだと電動昇降部分の足が半額くらいで買えるみたい。ただ検索したらユーチューバーやブロガーがただでもらって絶賛してるのが気がかり・・・。

とりあえず仮設置のままで

スタンディングデスクは魅力的に見えたものの、そこまでして導入するほどでもないと判断し今の仮設置状態でしばらく使ってみることにします。結局のところ、机の選択肢が皆無に等しくて思っていたレイアウトには出来そうもないことがわかったので、ある程度妥協できるラインで一旦導入を見送りたいと思います。

それでもディスプレイやスピーカー類は机から切り離すことが出来たので十分満足です。