MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

Universal Audio 1176LNの電球交換及び調整

Universal Audio 1176LNのランプが切れていたので、上蓋を開けてランプの状態を確認しました。ランプはメーターの上にある板にクリップのような感じで差し込んでいました。2つの球で照らしているんですね。どちらが切れても全消灯する仕様みたいなので、2つまとめて交換したほうが交換の頻度が減ります。
電球を見ると、28V 40mAの表記がありました。あまりこういった電球を見たことがなかったので、電気屋さんやホームセンター等を巡って探してみました。

商品のカテゴリはパイロットランプと呼ばれるもので、どこもあまり種類がありませんでした。一番近かったのがK’sデンキに売っていたELPAの30Vで、配電盤電球として売っているもの。サイズもかなり近いので、とりあえずこれを買ってつけてみることに。実際につけてみるとピッタリはまり、特に問題なく点灯しました。耐圧が少し高めですが、明るさも問題ないです。もしLEDで同様の商品があれば、次回取り付けたいと思います。
また、Amazonとかにそのものズバリな商品が売っていますが、10個セットになっており送料等を考えるとちょっと割高でした。以下の商品が商品がそれです。

 

 

 ついでにメーターの調整も行いました。全面パネルのメーターについている簡易調整では0dBにならなかったので、本体内部のバイアストリムを回してちょうどいい感じにしてみました。割と過敏な反応なので調整に手こずりました。