MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

エフェクトボードのリレイアウト

f:id:neuchappie:20190512122437p:plain

エフェクトボード内のエフェクターからSTRYMON BIG SKYを外し、その他エフェクターの配置換えを行いました。

今回のコンセプト

  • ディレイを踏みやすい位置に

タップテンポやつまみ操作の頻度が高いため、踏みやすくつまみを操作しやすい位置に持ってきました。MOBIUSを上部に移動したので、ボード下部のスペースに余裕ができて実現可能となりました。

  • スイッチャー入出力部分のスペースを空ける

前回のレイアウトではこの付近にパワーサプライを配置していました。ですがコネクタ類の抜き差しを行う時に邪魔になってしまい、パワーサプライを取り外す必要がありました。やはりこの付近のスペースはあえて空間を空けておいた方が何かと便利です。

  • パワーサプライを左上に移動

電源供給用アダプターの出力端子が左上にあるため、一番邪魔になりにくい左上へ移動しました。DCケーブルの長さは十分足りているため、特に不都合は生じていません。

  • パッチケーブルは余裕を持たせてそのまま

エフェクターの配置換えで元々使っていたパッチケーブルの長さが若干余り気味になりました。FREE THE TONEのソルダーレスコネクタとケーブルを用いているのでジャストな長さにするのは簡単にできますが、あえてそのままの状態で配線しています。
配置換えの都度ケーブルを調整してしまうと、次回変更時に再利用できなくなる恐れがあることから多少の不揃いは許容することにしました。

エフェクターの固定はマジックテープが主流ですが、私はそれ以外に両面テープも活用しています。
両面テープの利点は、1枚で固定でき(厚み調整も可能)、種類によっては剥がした跡も残りません。そしてかなりがっちりと固定できます。

平面のエフェクターボードは立体的な組み込みができないため、DCケーブルとシールドの住み分けが難しいです。
今回はMOBIUSにブロックに載せて両面テープで固定し、底面の隙間にDCケーブルの余りをまとめました。

f:id:neuchappie:20190512180107p:plain
嵩上げ用にホームセンターで購入
f:id:neuchappie:20190512180027p:plain
位置決めして両面テープで貼りつけ

エフェクターの配置を最適化しつつ、もう1個分のエフェクターが置ける場所を確保できたので、DIGITECH Ricochetを設置しました。Whammy DTではボード内に入りきらない為、ほぼ同等の機能を持つRicochetを選択。想定通りの機能で使用感も違和感なく使えています。ペダル操作を気にしなくていい分、Whammy DTよりも扱いやすいですね。
一番下の位置に置きたかったのですが入りきらなかった為、ワウの上に配置してフットペダル部分にかかとを置いて操作することにしました。もう少し踏みやすくなるようにブロックを追加購入して嵩上げする予定です。

f:id:neuchappie:20190521134013j:plain


さいごに

 今回の入れ替えで当初考えていたボード構成が実現しました。やはりWhammyの小型化が非常に大きいです。それ以外ではMXR iso-brickの絶妙な電流配分が貢献しているのも無視できません。この機種以外で今使っているエフェクター類を全て賄えるパワーサプライってほとんどないんですね。あったとしてもサイズや口数の問題で妥協せざるを得なかったと思います。
歪みペダルに関してはいまだ模索中です。ファズは何となくTriangle BIG MUFFにしていますが、気分によって入れ替えます。BE-DOとCENTAURはしばらくこのままです。
近日中にまたライヴがあるのでこのボードで臨みたいと思います。