MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

PC引っ越しの準備メモ

DTM用PCの更新に着手し始めたのが今年の5月ごろ。
ZEN2シリーズの性能が大幅に向上したのを確認して久々にINTELプラットフォームからAMDへと移行することになりました。
ようやくRYZEN 9 3900Xの入手に目途が立ったので、PC引っ越しの準備を始めました。

Windows10のクリーンインストール

機器が大幅に変わる為、Ver.1909をクリーンインストール予定。
あとは昔から使っているRME FIREFACE800用に1394レガシードライバーもインストール。この部分は今年5月頃にWindows10に移行した際、最初につまずいた箇所でした。追加したIEEE1394拡張ボードの「エアリア GT800Express PCI Express x1」がなぜか自動認識せず、Windows8.1用のレガシードライバーを使いました。
そのインストールファイルをどうも削除してしまったようなので再度その時に入手したリンクからダウンロードしようとしたのですが、リンク切れで落とせず。色々探した結果、以下のリンクから再入手できました。

www.microsoft.com

その他ドライバ・アプリの準備

その他必要なドライバやアプリは以下の通り。

ヤマハ MOTIF-ES用のUSBMIDIドライバ
Torpedo接続用アプリ
Kemper RIG Manager
ロジクールマウス・キーボード用unifying
NVDIAグラフィックドライバ

DTM関連

CUBASE 10

最新のダウンロードアシスタントを準備。elicenserもインストールしておく。

Spectrasonics関連

ライブラリはそのまま残し、最新アップデータを公式から入手。その後、公式ページから認証するだけで完了。

VOCALOID関連

必ずディアクティベートツールを用いてアンインストールが必要。最近は使用していないのでたぶんインストールしないかも。

BDF3

3回まで認証可能。それ以降は公式へメールで解除してもらう必要があります。次で引っかかる気がするので問い合わせの準備だけしておきます。

CeVIO

初回起動時はインターネット接続が必要。シリアル入力でOK。

NEXUS2

本体をインストール後の初回起動時にライブラリの場所を指定する必要あり。最近インストール方法が変わったようで、CUBASEのようなダウンロード用アプリを別途インストールしてそこからインストール。