MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

NEXUS3にアップグレード

f:id:neuchappie:20200113002815p:plain

現在もクリスマスセール中のNEXUS3。去年は2月を過ぎてもセールが終わりませんでしたが、今年はどうなるかわからなかったのでこの3連休の間に拡張音源のサンプルを聴きまくって購入しました。

選んだ拡張音源は?

気になる拡張音源を中心にサンプルやYoutubeの投稿動画で確かめていたのですが、今一つピンときませんでした。とりあえず今回はレガシー落ちしている中から3種選んでみました。

EDM等、最近よくCM等で聴けるジャンルは作らないので、POPSに使えそうなものから「House 3」、「Sound of the 90s」、「Stratosphere 3」に決めました。

購入からインストールまでの流れ

公式ページからしか購入できないので、自分のアカウントにログインしてカートに入れていきます。ログインしていないとアップグレードのカートは出現しませんので、間違ってNEXUS3本体を購入しないようにしましょう。(さすがにないとは思いますが)

アップグレードと拡張音源を同時購入すると拡張音源が15%オフになります。拡張音源5個目をカートに入れると一番安い拡張音源一つが20%オフになります。最初は全部20%オフになると思って試しに増やしてみましたがだめでした。5%は微々たる差なので無理して5つ買う必要はありません。

購入時は名前や住所等を入力する必要がありますので、英語表記で入力。支払いはクレジットカードかPaypalを選択できるので私はPaypalを使って支払いを済ませました。

支払い完了後はreFX Cloudをインストールしてダウンロード、このアプリ上からインストール可能になります。このアプリを起動後、自動でダウンロードが始まります。ダウンロード先を設定変更する必要があるのがちょっと面倒ですね。

VST2のプラグインはいつもと違う場所にインストールされてしまいましたが、そのおかげでNEXUS2のプラグインファイルは上書きされず無事でした。

使用感など

既存プロジェクトを開くと使用していたNEXUS2は3に置き換わっておらず一安心。インストゥルメント画面上ではNEXUSが2つ表示されていました。片方がVST3になっているので、このマークで2と3の見分けがつきます。

早速3を立ち上げると初回起動時にアカウントの認証画面が表示されます。アカウントのメアドとパスを入力することで使用可能になりました。オンライン認証のみなのでネットに繋がっていないPCだとこの時だけ接続しないといけません。

事前情報で見た通り直感的でわかりやすい操作になりました。表示領域も自由に変えられるので状況に応じて編集しやすく便利です。

今回追加した3種の拡張音源や新しいプリセットを一通り確認しましたが、実際のパートに当て込んでみないとピンときませんでした。これから時間をかけてよく使うプリセットを仕分けしておこうかと思います。

今回の追加でベル、パッド、ピアノ系がかなり充実したので、概ね満足です。時間軸の変化を伴うような音はNEXUSには不向きなので、次買うとしたらそういうものに特化したソフトシンセになるでしょうね。しばらくは拡張音源を買うことはないかなと。