MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

スイッチングシステム入替の下準備①

f:id:neuchappie:20200117064717j:plain

現在スイッチングシステムの入替予定で、候補はRJM Mastermind PBC/6Xでほぼ固まっています。今使っているMusicomLAB EFXⅢとほぼ同サイズながら最大11ループまで対応していたり、ループ順の並び替えができたりと多機能なところに惹かれています。11ループ使うには4ループ分のインサートケーブルが必要な為、サウンドハウスで対応可能なステレオプラグを探しました。

購入したプラグは?

今回購入したステレオプラグは対応径が8.5mmと余裕があり、今使っているFREE THE TONE CU-616ケーブル2本が入りそうなTOMOCA JS-103に決めました。注文した翌日に届いたので早速ケーブルを仮通しすると、余裕で収まりプラグ内も同じ径が保たれているおかげで全く問題なし。

f:id:neuchappie:20200117064641j:plain

仮設置してテスト

次に入替後の完成図をシミュレーションすべくボード内の取り回しについてもテスト。プラグサイズはスイッチクラフトとほぼ同サイズで、プラグ付近はある程度空きが必要になります。元々この付近はケーブルの抜き差しを容易にする為、余裕を持たすようにしています。プラグの不揃いに目を瞑ればこれも問題はなさそうです。

f:id:neuchappie:20200117064921j:plainf:id:neuchappie:20200117064937j:plain

他に検討したステレオプラグ

TOMOCAに決める前、EBSから出ている既製品「ICY-30」で考えていました。

かなりコンパクトなプラグですが、ケーブル長が30cmしかなく両端子共にL字プラグになっている為、エフェクターの配置がかなり限定されます。少なくとも2つのエフェクターを繋ぐ必要がある為、スイッチングシステム上部に密集しがちです。4ループすべては賄いきれないでしょう。

次に心を惹かれたのがオヤイデ電気の楽器用インサーションケーブルでした。

受注生産品で1本5400円~と少し値が張りますが、ケーブルの長さやステレオプラグの形状を自由に選べるのがポイント。ただしストレートプラグの形状が不明な為、TOMOCAを使った自作ケーブルとそう大差ないかもしれません。

とりあえずTOMOCA

他に代替候補が見つからないので、作りやすくて安価なTOMOCAで揃えようと思います。3ループ分のみ現行のFREE THE TONE L字プラグを使いますが、場合によっては他のストレートプラグに変えてしまうかも。