MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

Torpedo LiveにIR(インパルスレスポンス)を適用する

f:id:neuchappie:20200124044642p:plain

Two NotesのTorpedo Liveはキャビネットシミュレータとして一時注目されました。ハードだけでなく、プラグインも出ていますが、実際のアンプを使用するにはロードボックスも兼ねた本機が便利です。

色々なキャビネットを鳴らせるのは便利なのですが、本体内蔵のデータはいまいち好きになれませんでした。2015年ごろに購入したものの音を鳴らしてみて非常に後悔した思い出があります。

その後KEMPERを入手した結果、Torpedo Liveを起動する頻度が大幅に減ってしまいました。

最初の転機は他社IRにあり

実はこの本機のもう一つの特徴として、PCにUSB接続するとTorpedo Remoteというアプリでエディットできると共に他社のIRが自由に使用可能となります。

標準のプリセットと違い音のバリエーションや癖が変わり、音作りの自由度が大幅に上がりました。

有料のIRを購入

最初は無料で出回っているIRデータで満足していたのですが、その中でもOwnhammerの無料IRが気に入ったので有料IRをいくつか購入してみました。

購入したのはMarshall412、Orange412、Bogner412、Fender Deluxe112の4種。複数の有名なマイクで収録されており、音質の違いを楽しむことができます。

バージョンアップで更に複雑な音作り

現在、代理店の日本語サイトは機器の説明に留まっており、実質2012年頃から全く更新されていません。そのせいもあって現在本機でできることに関して、何も知らないまま使っている人が多いのではないでしょうか。

実は本家サイトでは継続的にファームウェアアップデートを行っており、Ver5.0以降から同時に2つのキャビネットデータをミックスできるようになりました。アイデア次第で様々な音を瞬時に変更できるのもあって、自分でマイクを立てて録音することもなくなりました。

今後のことも見据えて

紆余曲折を経て手持ちのギターアンプは5150ⅢminiとTRIAXISのみとなりました。一時期はFender系クリーンが鳴らせるアンプを物色したこともあったのですが、KEMPERが便利すぎて購入までには至っていません。しかし実際にアンプを鳴らす方が弾いていて楽しかったりするのも事実。次の一手をどうするかは未定ですが、今後を見据えて慎重に取り組んでいきたいと思います。