MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

スイッチングシステム入替の下準備 番外編 不要機材の処分

f:id:neuchappie:20120201053105j:plain

着々と進行中のスイッチングシステムの入替準備ですが、先行して不要機材の処分を行いました。処分した機材はボード本体、スイッチングシステムのMusicom LAB EFX3、Whammy DTです。

FREE THE TONE - FP6043

ボードは2015年ごろに買ったFREE THE TONE製のもの。軽くて取り回しがいいのでお気に入りの一品でしたが、サイズ的にどうしても収まりきらなくなって交換となりました。

Musicom LAB - EFX3

いつ頃に買ったか振り返ってみたのですが、2012年に新品で購入し約7年間現役で活躍してきました。8ループでこのサイズ感はなかなかなくて重宝しました。

機能的に残念な点があって、MIDI制御はループ内のエフェクターしかできません。これによりエフェクターボード外のMIDI制御ができず、ボード内で完結できるようエフェクターを集約することになりました。

DIGITECH - Whammy DT

今回の更新作業とは特に関係ありませんが、ボード内で使うには大きすぎる為、処分となりました。去年手に入れた同社のRICOCHETで十分代用可能な点も手放すきっかけでした。

過去所有の機材を振り返る

個人的な事ですが、使わない機材があるとすごく勿体無い気持ちが強くなってしまい、早々に見切り処分を繰り返していました。実は今まで手放して後悔した機材は一つもありません。逆に言うと購入するべきでなかったという後悔の方が強いですね。

振り返ってみると、安さに釣られて個人輸入大人買いしたエフェクターはほぼ手元にありません。残っているものも使う頻度が低く、ボード内に入っているものは1台もないという状況・・・。

やはり試奏もろくにせず買うのは避けた方がいいなと痛感しました。これからはもっと慎重に吟味して購入したいと思います。