MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

ディーゼルの新作アンプヘッド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Diezel VHX 【11月発売予定】
価格:550000円(税込、送料無料) (2020/10/11時点)

楽天で購入

 

モダンハイゲインで有名なディーゼルから新しい真空管アンプヘッド「VHX」が11月に発売予定となった。これまでのシリーズの集大成的なプリ/パワーアンプ部に加え、新たにDSPエフェクトやIRキャビネットを内蔵し、デジアナ混合のハイブリットなアンプヘッドとなった。

かつてHughes&Kettnerで似たようなアンプヘッドを発売していたが、中途半端な位置づけで主流にはならず、結局はデジタルに振り切ったAXE-FXやKemperに話題を持っていかれた感が強い。その後、リアクティブロードボックスやIRキャビネットシミュレータといったアンプの周辺機器が充実したおかげで、従来の真空管アンプも新しい使いこなしができるようになった。

こうしてデジタルとアナログの住み分けができた現在。そのような均衡を打ち破るべくリリースされた本機が、ユーザーそして他メーカーをどう刺激するか、非常に興味を惹くところである。

NEUTRINOの新バージョンとライブラリを試す

f:id:neuchappie:20201011204551p:plain


AI歌唱ソフトのNEUTRINOが0.4にバージョンアップし、新たに東北イタコのライブラリが無償追加された。早速、試しに使ってみた感想を。

東北イタコ

テスト用に作ったサビメロに使用してみた。きりたんよりも発音がクリアでより自然な歌声に感じる。耳に刺さるような不快な音も感じない。その分押し出し感が後退し、甘ったるい歌声になっている。曲調によってAIきりたんと使い分けするのがよさそう。

東北きりたん

既存ライブラリのAIきりたんをチェックしたところ、NSF方式において以前よりも高域がノイジーになってしまい、オケに混ぜても若干気になるレベル。ディエッサー等で加工するときつさが多少緩和されるとは思うが、根本的な解決策にはならないのが残念。歌の表現力や品質もあまり違いが感じられず、個人的にはちょっと期待外れだった。

終わりに

今後もライブラリの拡充や改良を進めていくとのこと。CevioもAIを使った新アプリを開発中で近日リリース予定となっている。どちらの音源も積極的な更新が見込まれるので非常に楽しみである。

誰のどの音色を再現したいか

機材購入の初期衝動

これまで購入してきたギター機材。一貫して言えることは、有名な誰かの音色を求めて選んだということ。ギターを始めたきっかけも同様で「あのギタリストのあのアルバムやライブの音を奏でてみたい」という探求心から。

最近気になる音楽

ある程度機材は揃ったものの、刺激的なアーティストや曲に影響されて買い替えたくなることもしばしばある。最近はあまり新しい曲を発掘する意欲が薄れていたが、プログレ関連でここ最近の作品を中心に聴き始めている。

昔、よく聴いていたANEKDOTENも、知らない間に新譜が2作品出ていることに気づきYoutubeで試聴してみた。聴いたのは2015年にリリースされた「Until All the Ghosts Are.. 」。

音楽から導き出される魅力的な音

初見では穏やかで地味な印象。ここから繰り返し聴き込んでいくと印象も変わってくると思う。トーンを絞った単音リフやメロディとフルート、メロトロンの掛け合いが印象的。本人の使用機材はGibson SG 61 reissueにファズフェイスで歪ませるのが主体でクリムゾンフォロワーらしい懐古的な音色であった。

SGは前から欲しいギター候補ではあったが、その時はLespaul Customで良さげな中古があったのでそちらを優先し今も入手できていない。これ以上ギターを増やしたくないが、マホボディから来るSGの独特な音色も捨てがたい。reissueだったら比較的手に入れやすい価格なので検討するのもありか。

Fuzzに関しては手持ちのSUN FACE FUZZやFuzz Factry 7でも似たような音は出せるが、もう少し寄せたい気持ち。どちらかというとBIGMUFF系の方が好みで、色々と物色したが思い描いていた音色ではなかった為、手元には残っていない。

Fuzzはエフェクターの中でもこだわりが出やすい部分。些細な違いから来る独特の音色を探求していくと沼に陥りやすい。久しぶりに色々と物色してみるのも悪くないかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dunlop FFM2 Fuzz Face Mini Germanium 【特価】
価格:13613円(税込、送料別) (2020/9/13時点)

楽天で購入

 

OwnHammerのIRキャビネットを追加購入

つい先日、CELESTION DIGITALのIRキャビネットデータを購入したが、比較試聴したOwnHammerの方が好みであることに気づいてしまった。このIRを購入したのは2015年頃と随分昔の話だが、現在のラインナップが気になり、久しぶりに公式サイトに訪れてみることに。以前購入したものは主力商品から外れているようで、精力的に新しいものがリリースされているのを確認。2015年当時とは収録内容も様変わりしており、かなりバリエーションが増えている。これらを全て試すだけでも途方もない時間がかかりそう。

久々に購入

比較的新しくリリースされた物中心にサンプル音源を試聴してみた。一番最初に気になったのがFriedmanキャビのデータ。味付けとしてはビンテージ志向な方向性で、サンプル音源を聴く限りではちょっと自分のスタイルから逸脱しているようなので見送りとなった。

結局、Marshall 1960BのG12M(通称greenback) が搭載されたサンプルが自分好みだったので、こちらを購入してみることにした。決済はPAYPALなので簡単。

実際に鳴らしてみると、適度に甘く明るい音色で弾きやすく、Greenbackの特徴が良く出ていて好印象。プリセットが膨大にあるので主要なものしか試していないが、今まで買ったIRの中では一番好きな音色だった。70~80年代のハードロックやブルースに最適だと思う。

この件で購入したばかりのCELESTIONは早速曇ってしまったが、相対的に評価するきっかけになり結果的に良かったと思っている。金額もそれほど高くないのでお試し感覚で買ったのもあって特に後悔はしていない。もし間違って全部入りを買っていたとしたらそうもいってられないと思うが。

さいごに

今回の購入によりTorpedo Liveで今も十分やっていけることがわかった。今年初めくらいにBOSSやUAのロードボックスに乗り換えようと計画していたが、結果としてはこれでよかったと思う。

UAのOXは外部IRが使えない為、アップデート頼りになってしまう。1回だけ大型アップデートが行われたが、それ以降音沙汰がない。ギタリスト好みな味付けもちょっとくどい感じがする。

BOSSの方も外部IR前提で考えると、機能が貧弱で今の環境よりも数段劣ってしまう。内部エフェクトのルーティングやUSBオーディオ等、余計な機能がついているのも気になる。どうも設計思想が自分の求めているものと乖離している。

発売から随分月日が経ったTorpedo Liveではあるが、サポート体制が万全だし無料で有意義なアップデートを提供してくれている。KEMPERのようにユーザー側の視点で提供されている息の長い商品と言えよう。


 

CELESTION DIGITALでIRデータを購入

以前から検討していたCELESTION DIGITAL製のIRキャビネットデータを購入。使うIRがある程度絞れていた為、お好みで5種選べるCustom Sellectionを利用した。$29.99也。

どのデータを選ぶか迷ったが以下のデータを選択した。

  • Vintage30-4×12-CLOSE
  • G12M-Heritage-4x12-CLOSE
  • G12M-Creamback-2x12-Open
  • Ruby-1x12-Open
  • Blue-2x12-Open

汎用的に使えそうなVintage30とG12M-Heritageに加えてVOX AC30を想定したBlue。残り2種は普段使わないものにした。これらは、手薄だったちょっと古めかしい音作りに貢献してくれると思う。

これまでメインで使用してきたOwnHammerと比べると、低域の出方がおとなしめであまり癖がない。そしてよりクローズドな感じのせいか箱鳴り感は薄い。箱も含めた音作りをしているOwnhammerとの違いが感じられる。恐らくCELESTIONはスピーカー特性を素直に反映したかったのだろう。

収録されたIRデータはわかりやすく表記されており、4種のマイクと6タイプの音色。そして2つのマイクをミックスした12種の組み合わせとなっている。Ownhammerと違い、マイクポジションの違いは収録されていない。一応ルームマイクポジションも収録されているが、2種類を混ぜることのできるキャビネットシミュレータがないと活かせない。Torpedo LiveはアップデートによりIRデータを2つまで同時に鳴らせるので、この点については特に問題はなかった。

さいごに

今回の追加購入で音作りの幅は多少広がったが、思っていたよりも大きな差異がなく、OwnHammerだけで十分だったかもしれない。ただ、最初に買うIRとしては癖がなく非常に使いやすいと思うし、音決めの時間も大幅に短縮できると思う。Ownhammerは様々なポジションで細かく収録されているので、音作りで沼に陥る危険性が高い。

比較してわかったことだが、今回改めてOwnhammerの出来の良さを再認識した次第である。ちなみにIRキャビの種類は、Bogner4×12、Orange4×12、Fender DX1×12、Mashall4×12を所有。どれもそれぞれの特徴が出ており重宝している。

CELESTION DIGITAL IRデータの購入候補を絞り込む

手持ちのOwn Hammer以外のバリエーションを求めるべく、CELESTION DIGITALのIRを購入候補に選定。公式サイトのサンプル音源を聴いてみるも、体感的な違いがあまり感じられず迷子になってしまった。1×12の無料IRをダウンロードして使用してみたが、Own Hammerよりも地味なものの、あまり癖がなく使いやすい印象だった。ただ、有料IRがこの傾向だったとすると、新規導入してもそれほど活用できそうにないかも。

何かと便利なTorpedo Remote

もう少しCELESTION DIGITALのIRデータの特徴を体感する為、Youtubeのサンプル等も聴いてみる。しかしIRデータ以外の機材が自分の環境と大きく違う為、全く参考にならなかった。恐らく録音後の加工も行われていると思うので、如何様にでも編集できてしまう点も含め判断の材料にはならなかった。

こういった時に非常に便利なのがToepedo LiveをPCでエディットできるTorpedo Remote。この機材を所有するユーザーの特権ではあるが、Two Notesで販売されているサード各社の有料IRをその場で音出しできる。定期的に無音になるが、自分の環境で音をチェックできる為、比較的冷静に吟味することができる。

有料IRはCELESTION、Mesaboogie、Orabge、Suhr等、有名どころは一通り揃っている。今回購入検討しているCELESTIONはVintage30、Greeback、Blue、Ruby、Copperbackと主要なキャビネットが用意されている。

個人的に使ってみて良かったのがRubyだった。手持ちのIRデータにはない古めかしく高音が減退したヴィンテージライクな音。逆にBlueは高域がきつめでメリハリがある感じ。この中ではCopperbackがあまりピンとこなかった。

他の有料IRも含めると、やはりMesaboogie製のIRが自分好みだった。低域の出方が豊かで高域も耳に痛くない。適度にクリーミーでオケとの馴染みも良さそうだった。値段も1種類につき$8と買いやすい。

まとめ

CELESTION製は大幅割引されている全部入りよりも5種パックを購入するだけで十分と感じた。キャビ形状の違いも含めてテストしてみたが、思っていたよりも大きな違いが見いだせず、一般的な4×12CLOSEと2×12OPENで使い分ける程度でいいような気がした。主にFenderとMarshallキャビをイメージしながらチョイスしていくのが良さそうだ。

store.two-notes.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Two Notes Torpedo Captor X
価格:74800円(税込、送料無料) (2020/8/1時点)

楽天で購入

 

CELESTION DIGITALのIRデータ全部入り75%オフは本当にお得か?

以前から購入候補だったCELESTION DIGITALにてIRデータ全部入りが75%オフとなっており、$839.72が$199.99にディスカウントされていた。他にも主要キャビネット7種のセットが半額の$105.75になっていたりと、比較的手を出しやすい価格になっている。

膨大なプリセット

とはいえ、そんなにたくさんのキャビネットが必要かと言われると首を捻りたくなるのも事実。これまで利用してきた有料IRキャビネットのOwnHammer製だけをとっても、膨大な数のプリセットを所有しており、実際には極一部しか使っておらず持て余し気味だ。

CELESTIONの方はもっとプリネット数が絞り込まれていて使いやすくなっているが、それでも1種につき100以上のプリセットが設定されている。これが全部入りとなると途方もない数のプリセット数になってしまう。

実はこのセット割が現実的

割引率でついつい判断してしまいがちになるが、実は5種類のキャビネットを選ぶCustom Cllection$29.99の方が実用的だったりする。キャビネット形状の4×12CLOSEとかで1種類扱いにはなるが、ある程度的を絞れていれば5種もあれば十分であることに気づく。今まで使用してきたIRデータの中でよく使っているVintage30やGreenbackの4×12CLOSEとか汎用的に使えるものを選び、残り3種は手持ちにないIRを選ぶことで十分補完できる。

1×12CLOSEや2×12CLOSEについてはあまり使用する機会がないので、余計なIRを除外できるこのセットの方が魅力的に映った。

www.celestionplus.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Two Notes TORPEDO Live [Professional Digital Loadbox] 【特価】
価格:76890円(税込、送料無料) (2020/8/1時点)

楽天で購入