MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

初音ミクNTのこと

8月下旬に発売予定のバーチャルシンガー「初音ミクNT」。VOCALOIDの表記が消えているが、VOCALOIDエンジンを使用せず全ての機能を自社開発に切り替えた為、このような表記になっている。

予約者限定でプロトタイプ版を利用可能なようだが、使用者のレポートやサンプル音源を見る限りそれほど大きな変化を感じなかった。個人的にはVOCALOID4からの有料アップデートといった印象を受けた。

初音ミクの歴史

2007年に初登場し一世を風靡したVOCALOID2 初音ミク。自分にとっても本格的に歌物楽曲を自作するきっかけになった思い出深いソフトである。以降、何度もバージョンアップが行われ、現在はVOCALOID4初音ミクが最新となっている。

VOCALOIDの現在

VOCALOID5になってからサードメーカー中心に盛り上げていた感じが薄れ、YAMAHA主体の方向性に変わった。最初からYAMAHA純正のボイスバンクが付属しているが、キャラクタービジュアルを抑えた表現になっており、4までのバーチャルアイドル的要素をオミットしている。

5専用ライブラリを見ても、これまで積極的に提供してきたクリプトンやインターネットの名前が見当たらず、比較的地味な印象を受けた。そのせいか以前のようなキャラクターを中心とした盛り上がりが感じられない。

歌唱ソフトの使用履歴

私個人としてはVOCALOID3までは現役で使用してきたものの、Cevioに移行してからはVOCALOIDを使う機会がぐっと減ってしまった。そして最近ではNEUTRINOオンリーでCevioは仮歌用エディターとしてのみ使用して利用している。もうVOCALOIDに戻ることはないだろう。

さいごに

今回テーマに挙げた初音ミクNTは、CevioやNEUTRINOのような目新しさを全く感じなかった。やはりNEUTRINOのリリースに全てを持っていかれた感がある。よほど目新しい機能を実装しない限り、それほど話題にならないのではないだろうか。

ポイント還元に騙されないで

色々な店舗でポイントが付くようになり、なんだか得したような気にさせるこのシステム。でも最近、このポイント制度が消費者にとってデメリットになっているように感じ始めた。

支払う現金で考えると

例を挙げてみる。販売価格10,000円の商品を10%引きで買うのと15%ポイント還元どちらがお得に見えるだろうか?

現金値引きは9,000円を払うだけでシンプルだが、ポイント還元は10,000円と1500ポイントとなっている。ポイント500円分が増額されているのでこちらの方が得をした気分になってしまう。

しかし、店舗の規約にもよるがポイントに関して主に以下の制約が付き纏う。

  • ポイント反映が遅い
  • 使える店舗が限られてしまう
  • もらえるポイント倍率が変動する(期間限定等)
  • ポイント期限を考慮する必要がある(通常・限定それぞれ別で)
  • 次回の買物を考慮する必要がある
  • ポイント利用時にポイント値引き分のポイントが付かない(店による)
  • ポイントを利用したい時に商品在庫があるとは限らない
  • ポイント値引き額で割安と錯覚してしまう

ざっとこんな感じだろうか。現金値引きは1回目の買い物で完結しており、支払う現金も1,000円少ない。しかし後者は既に10,000円を支払っており、あまりお得感はない。1,500ポイントは次回の買い物に持ち越しとなるが、上記のような制約がかかりあまり自由に買い物ができない。割引率も実は15%にはならないことが多く、同じ10,000円の商品をポイント利用込みでリピート購入し合算してみると12.75%引き程度しか割り引かれていない。(店舗側のポイント利用規約にもよるが)

それでも一応はポイント還元の方がお得ではあるが、これらの制約をクリアして購入できた場合の話であるし、そもそもポイント還元率が低ければ損をすることも十分あり得る。結局はポイント期限に迫られて余計なものに消費したり、貯まったポイントを無計画に消費したりと無駄使いすることが多い。

つまりポイントをもらうことで完全に店の術中にはまっている状態なのである。ポイントのお得な使い道をこの店ありきで考えるようになり、他店も含めた幅広い選択肢を自ら狭める原因にも繋がっている。はたしてそこまでしてポイント倍率にこだわる必要があるのだろうかと疑問に思うわけだ。

ポイント制度は店舗側にとって大きなメリット

結局のところ、このポイント制度は消費者のためではなく、あくまで店舗側の都合によるものだと認識する必要がある。

自社オンリーのポイントならば未来の消費行動も担保が取れるし、優先的に自社の商品を購入候補にしてくれる。仮に使わなかったとしても、既にポイント分の現金を受け取っているので損をすることはない。そして割引率よりも多めのポイント倍率をつけることで他店を出し抜くことも可能。考えてみたらメリットだらけである。(ポイントに関するシステム構築や管理費用はかかるが)

一方消費者にとっては、ポイント倍率に目を奪われて平常価格で買わされる危険性があるわけで、その場での判断だけでは本当にお得かどうかが非常にわかりづらい。

一つだけ言えることは、設定されたポイント倍率が店にとって損をしない額であること。よほどの事情がない限り、この世にお買い得商品というのは存在しないと思ってよい。

結局は価格ではなく

物を買う場合に少しでも安く買おうと模索していた過去の自分。特に楽天の買物マラソン時は酷く、ポイント倍率を稼ぐためだけに無駄な買物をすることがあった。完全に楽天のシステムに翻弄され、正常な判断で買い物ができていなかったといえる。

さすがに最近は反省し、そこまでポイント倍率や価格に固執することはなくなった。振り返ってみると、本当に欲しいものを吟味して買ったものは、だいたい長期間愛用しており満足度が高かった。逆にポイントや値引き率に惑わされ購入した物はあまりいい結果になっていないことが多い。原因は明らかで、商品の質よりもそういったバリューを優先したからだろう。

そういったことを踏まえて、これからはポイント倍率や割引率等の雑音に惑わされず、本当に必要なものを見極めたうえで購入したいところだ。

宅録に特化するとギターアンプも簡素化できる

Youtubeで簡単にギター関連機材の試聴ができるようになったおかげで、自分の環境で鳴らすとどういった音になるかだいたい予想できるようになった。特にマイク録音ではないキャビネットシミュレータを介したギター音はブレが少なくてわかりやすい。同じキャビネットシミュレータを使用すればほぼ同じ音が作れるだろう。

例えば下記動画のようにTwoNotes Cab Mを使った音は、自分の求めている80年代の懐かしいロックサウンドそのものである。ADA MP1という骨董品のプリアンプを使用しており、パワーアンプさえも通さずにCab Mのみで出力されている。

自分自身もTorpedo Liveを所有しているので似たような音が得られると思う。別途IRデータが必要ではあるが。

この人の動画で面白いと感じたのが、どの機材を用いても同じような出音でなっていることだった。つまりギターアンプは、ある程度の品質であれば何を使ってもそれほど大差がないということがわかる。

www.youtube.com

機材集めもほどほどに

手持ちのアンプ機材は6L6Gのパワー管ばかりなので、Marshall系で使われているEL34を用いた良質なギターアンプを探していた時期がある。ちょうど今年の初め頃だったと思うが、比較的お得な価格でFriedman BE-100の現品特価品が展示されていたので真剣に購入を検討。しかし決断に至らずその展示品も売れてしまったので、購入熱は冷めてしまった。

本当に必要?

あれから数か月が経ち、「はたして高額な機材がないと出せない音なのだろうか?」と自問自答することが多くなった。

別にライブで使うわけでもなく、あくまで宅録用途でしか使わないし、住環境の問題からキャビネットシミュレータ経由でしか音出しできない。自分の思い描いている音色のみの追求であれば、今回の動画のように従来のギターアンプと録音方法にこだわらなくてもよいのではないかと考えた。

たしかにアンプの録り音は重要だが、その後工程の加工でもかなり印象が変わる。EQやコンプ等で補正した方が調整の幅が広いだろうし、それらを含めたトータル的な音作りをもう少し見極める必要がある。

今回構想していたギターアンプだけに委ねる1点豪華主義は、コストパフォーマンスの観点から残念な結果になっていただろう。実際にそういった動画もYoutubeで散見される。

機材を神格化しないで

まだまだ手持ちの機材だけでも試行錯誤できる余地があるにも関わらず、魔法のような高級機材に幻想を抱いてしまう自分。実際に手に入れたものの、それほど役に立たなかった機材が山ほどあるが、これについては明確なビジョンもなく購入した自分が悪かったと思う。

今後は所有欲を満たす為だけに購入するような愚かな行為は避け、本当に必要なものを見極めて手に入れたい。

PVCチェアマットを買って大失敗

ダイニング用に買ったリプロダクト品のイームズチェアに合わせてフローリングの傷を防止するPVC製チェアマットをAmazonで購入。

届いて広げてみると、ごく普通のビニールシートであまり商品の工夫が感じられなかった。はたしてチェアマットと呼んでいいのだろうか・・・。

敷いてみて愕然

ポスターのように丸まった状態で届き、早速床に伸ばしてみる。表面を上にした状態で巻いていたせいで、両端の巻き癖が強く付いて床から浮き上がる。説明書には2時間程度重しをすると伸びると書いてあるが、重しを外してもすぐに浮き上がってくる。両面テープで留めると多少は緩和されるが、留めていない箇所は相変わらず浮き上がって見栄えが悪い。仮止めに使用した両面テープはよくある薄手のもので透明でない為、見た目が非常に悪い。

念のため、重しを短辺全面に置いて1日放置して様子を見たが、相変わらず浮き上がってくる。この状態だともう改善されないだろう。Amazonのレビューを見ると1ページ目だけ高評価で2ページ目以降は同じような意見が目立っていた。2ページ目以降のレビューが自裁に買った人のもので、1ページ目の高評価はヤラセレビューで評価を操作してると思われる。f:id:neuchappie:20200710053333j:plain

さいごに

 他にも似商品がいくつか出品されているが、結局のところPVC製チェアマットは安かろう悪かろうでどれも同じような結果になると思われる。ポリカーボネート製は少し価格が上がるが、板の状態で送られてくるようなので反りや浮きといった不具合は起きないだろう。真ん中で分割されているので、これはこれで使い勝手が悪そうなイメージ。

今回の件を踏まえて個人的にはこういった素材のチェアマットは敬遠したい。自分には現在使用しているカーペットやラグタイプのマットの方が肌に合っているようだ。

中古ゲームの店頭在庫確認について

ふと遊びたくなる過去作品

最近、PS2の「零 刺青の聲」や「スロッターUPマニア11(2027と2027Ⅱのカップリング)」の中古を探している。近隣の中古ゲームショップは相次いで閉店しており、市内にはあまり在庫がない状態である。古いゲームなので在庫が補充されることもほぼないだろう。主にゲオやハードオフの各店舗に足を運んで探しているが、残念ながらこの2本の在庫は見つからなかった。

中古ゲームの検索にて

最初はAmazon楽天の中古を買う予定だったが、もう少し調べてみるとブックオフオンラインで店舗在庫を確認できることがわかった。

どうもこの2本は近隣県に在庫があるみたいだが、交通費の事を考えると割高になってしまうので、通販を利用することにした。もう片方の在庫は実家のすぐ近くの店舗だったので、7月下旬の帰郷時に残っていれば購入しようと思う。

さいごに

家庭用ゲーム市場は、任天堂の「集まれどうぶつの森」が特大ヒット中。まさかここまで売れるとは思っていなかった。ひょっとしたらファミコン時代のスーパーマリオを追い抜くかもしれない。最近はここまで売れるソフトがなかったので、この勢いを維持してゲーム市場が盛り上がれば幸いである。

DTM部屋の机と椅子を買い替える

f:id:neuchappie:20200621140101j:plain

計画してきたDTM部屋のレイアウト変更案を実現すべく、長年使ってきた机と椅子を新しいものに交換しました。そしてプレイテック KST20Xを追加購入してMORIF-ESを載せ机の奥に配置しました。高さは机に合わせて前よりも7cm低い位置にセッティングし、机に肘をついた状態で違和感なく弾けるようにしました。このスタンドは高さ調整が微調整可能で緩むこともない為、比較的色々な環境に合わせやすいですね。他のスタンドだとねじ穴の間隔でしか調整できなかったり、調整に時間がかかったりします。2000円台と安すぎる為、ちょっと不安を感じながら購入しましたが、必要十分な機能を持っておりぐらつきも演奏に支障なく満足しています。

レイアウトの工夫

DTM用机のセッティング例として様々な機器を机に集約することが多いと思います。ディスプレイにモニタースピーカー、鍵盤にその他機器類。ラック付きの机だとオーディオインターフェースプロセッサー類も加わりますね。それらを一つの机に全て乗せるととてつもない重量になってしまいます。既製品でその重量に耐えうる机はそれほど多くありません。また、長年使うことで机の天板に歪みが生じて支障が出るかもしれません。

そういうこともあり、私はあえてその方法を諦めて機器類を別のスタンドに分散させることにしました。ディスプレイ、スピーカー、鍵盤それぞれに適したスタンドを使用し、距離感を合わせつつ奥行の短い机を合わせることで依然と変わらない距離感でセッティングすることができました。新規購入した椅子もしっかり背中をサポートしてくれてあまり疲れなくなりました。気になる点は高さが高いので少し下げて使う必要があるくらい。一度固定したらあまり触らないところなので、大した問題にはなっていません。

しばらく使った感触は特に違和感もなく、非常に満足しています。もっと早く手を入れたらよかったとちょっと後悔しています。

TV用壁寄せスタンドで机周りをすっきり その2

f:id:neuchappie:20200614083950j:plain

前回からの更新

ディスプレイをフィリップス40型から東芝 REGZA55インチに変更し、その時に付けていた壁寄せスタンドを流用して机奥側に配置しました。このスタンドの対応サイズギリギリの55型にしたことで、文字のフォントサイズを拡大しなくても視認できるようになりました。その分奥側にずらしてスピーカーとの位置関係を緩和させました。やはり15インチアップするとかなり大きく感じます。

この壁寄せスタンドは高さ調整が可能です。フィリップスの時はサイズの関係で特に違和感は感じませんでしたが、このREGZAだとちょっと目線が上になってしまい画面の上側はあまり使用していません。ブラウザもフルサイズにはせず適度な画面サイズで目線に合わせて使用しています。CUBASEもそれぞれの画面が独立して開けるので同じような使い方です。

デュアルディスプレイ環境だった時期も過去にありましたが、やはり一つの大画面ですべてが賄えるのはありがたいです。この壁寄せスタンドが存在しなかったら実現しなかったでしょう。さすがにこの大画面をアームで支えるのは無理がありますからね。

PC用ディスプレイからテレビに変更したことで、PCと連動して画面の電源が入らなくなりました。ここがちょっと惜しいところ。それ以外では特に違和感はなく、文字もキレイにくっきりと表示されています。

総合的に見て非常に満足度の高い買い替えでした。