MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

ギター-アンプ

OwnHammerのIRキャビネットを追加購入

つい先日、CELESTION DIGITALのIRキャビネットデータを購入したが、比較試聴したOwnHammerの方が好みであることに気づいてしまった。このIRを購入したのは2015年頃と随分昔の話だが、現在のラインナップが気になり、久しぶりに公式サイトに訪れてみることに…

CELESTION DIGITALでIRデータを購入

以前から検討していたCELESTION DIGITAL製のIRキャビネットデータを購入。使うIRがある程度絞れていた為、お好みで5種選べるCustom Sellectionを利用した。$29.99也。 どのデータを選ぶか迷ったが以下のデータを選択した。 Vintage30-4×12-CLOSE G12M-Herit…

CELESTION DIGITAL IRデータの購入候補を絞り込む

手持ちのOwn Hammer以外のバリエーションを求めるべく、CELESTION DIGITALのIRを購入候補に選定。公式サイトのサンプル音源を聴いてみるも、体感的な違いがあまり感じられず迷子になってしまった。1×12の無料IRをダウンロードして使用してみたが、Own Hammer…

CELESTION DIGITALのIRデータ全部入り75%オフは本当にお得か?

以前から購入候補だったCELESTION DIGITALにてIRデータ全部入りが75%オフとなっており、$839.72が$199.99にディスカウントされていた。他にも主要キャビネット7種のセットが半額の$105.75になっていたりと、比較的手を出しやすい価格になっている。 膨大…

ターゲットはキミ 我々世代を狙った機材は今後も出続ける

ギター業界は70年代~80年代の音楽をリアルタイムに聴いてきた我々世代をターゲットにしている。ギター雑誌を見ても往年のバンド特集ばかりだし、楽器関連もその時代に活躍したアーティストのレプリカモデルやシグネイチャーモデルが目立っている。 最近出た…

宅録に特化するとギターアンプも簡素化できる

Youtubeで簡単にギター関連機材の試聴ができるようになったおかげで、自分の環境で鳴らすとどういった音になるかだいたい予想できるようになった。特にマイク録音ではないキャビネットシミュレータを介したギター音はブレが少なくてわかりやすい。同じキャビ…

ギター機材関連の販売価格を振り返る

過去に買った音楽機材関連の機材の販売価格が現在どうなっているか知りたくて調べてみました。デフレが叫ばれている日本ですが、調べてみるとそうでもないようです。 Gibson Hummingbird 2000年購入:198,000円 2020年現在:393,800円(198%) とある楽器屋…

Mesaboogie TRIAXISのセッティング見直し

実家から持ち帰ったTRIAXIS。向こうではサイレントボックス経由で音出ししていました。そのせいか中域が膨らみ気味でいまいち抜けが良くありませんでした。こちらの環境ではTorpedo Live経由での音出しになる為、その点は多少改善されました。 有料IRの印象 …

音楽機材類をまとめる

実家から持ち帰ったAPIランチボックスやMesaboogie TRIAXISなどをまとめる為、新たにオープンラックを購入し設置し直しました。当初の計画ではオーディオアンプをオープンラック側の中段に設置する予定でしたが、元々利用していた自作フォン-ピンケーブルの…

そろそろエフェクターボード完成させたい

年明けから進めていたエフェクターボードの再構築作業。とりあえず機材整理から順次進めていった結果、メイン歪みとして愛用していたFRIEDMAN BE-ODを手放すまでに至り当初の予定よりも大幅な入れ替えが必要になりました。 方針転換 今回の機材整理は今まで…

Torpedo LiveにIR(インパルスレスポンス)を適用する

Two NotesのTorpedo Liveはキャビネットシミュレータとして一時注目されました。ハードだけでなく、プラグインも出ていますが、実際のアンプを使用するにはロードボックスも兼ねた本機が便利です。 色々なキャビネットを鳴らせるのは便利なのですが、本体内…

過去そして現在のギター録音事情【2019年4月更新】

過去作った音源を漁っていたら、Marshall 1959SLPをマイク録りした音源を見つけました。たしか2010年頃、実家でプレイテックの2キャビから録った音だと記憶しています。現在はライン録音中心でしばらくマイク録音を行っていませんでした。色々と環境を整理し…

Torpedo LiveをVer5.0にアップデートしてみる

はじめてのアップデート イケベ楽器で特価だったTWO Notes Torpedo Liveを2014年に購入。そのまま初期状態で使い続けていましたが、Torpedo Remoteのバージョンアップでマイキングやキャビが2つ使えるようになるのを知ってバージョンアップを行ってみました…

【D.I.Box】ART PDBを購入

KEMPERのダイレクトプロファイリングをきちんと行う為、まずはお試しで一番入手しやすく安価なART PDBを購入しました。 スピーカーを繋げない状態で5150Ⅲminiや1987Xのプロファイルを取得済みなので、どれくらい変化があるかを近々テストしようと思っていま…

OwnHammerのIR キャビネットデータを購入

■有料にも手を出してみる ネット上で手に入るフリーのIRキャビネットデータを試した結果、自分にとってかなり有用なツールであることがわかりました。 そんなわけで個人的によく使うMarshallのIRキャビネットのデータが欲しくなり、前から気になっていたOwnH…

【KEMPER】ダイレクトプロファイリング用のDI(ダイレクトボックス)を探す

KEMPERのダイレクトプロファイリング。マイクセッティングをしなくてもプロファイリングできますが、アンプとKEMPER以外にスピーカーレベルに対応したDIが別途必要です。 そしてプロファイリングという特殊な用途で使う為、素直な音質で余分な機能のついてい…

Kemperをアップデート&ダイレクトプロファイリングを試す

■ダイレクトプロファイルの使い道 KEMPERのダイレクトプロファイリング機能の肝は、アンプ部とキャビ、マイキング部を完全に分離できることにあります。これまでは擬似的に行われていたそうですが、この機能によりアンプ部分のみのプロファイルを使用するこ…

KEMPERをラックケースに入れる

注文していた3Uラックケースが届きました。イケベ楽器オリジナルで奥行きが22cmとなっており、KEMPERの奥行きにピタリと合います。これでKEMPERを手軽に持ち運べますね。 材質は表面が塩化ビニール製で裏面は黒く塗られたベニヤ板となっています。軽いのが特…

3Uラックに入らないKEMPER

今後持ち運びすることになりそうなKEMPER用に3Uラックの購入を検討中。しかし前から気になっていたことが・・・。 KEMPERラックの底には割と高さのあるゴム足がついていまして、ラックに設置する際に邪魔になります。4Uとかワンサイズ上だと入りますが同サイ…

Two Notes Torpedo Liveのファーストインプレッション

■もう少し後に購入する予定が Torpedo Liveの購入をずっと考えていたのですが、某楽器店の決算セールのリストにアウトレット特価品が追加されていたのを発見。この楽器店は20日までセールを行ってて、最終値引き品として追加された模様。価格は73440円と市価…

Mesa boogie 2:50の真空管節約について

自分用のメモとして過去行った事を記事にしました。 Mesa Boogie 50/50のパワーアンプは2チャンネル仕様となっていますが、通常は片方のチャンネルのみを使う為、4本あるうちの2本のパワー管の扱いに困っていました。 本体内に3本のプリ管があるのですが、内…