MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

ギター

エフェクトボードのリレイアウト

エフェクトボード内のエフェクターからSTRYMON BIG SKYを外し、その他エフェクターの配置換えを行いました。 今回のコンセプト ディレイを踏みやすい位置に タップテンポやつまみ操作の頻度が高いため、踏みやすくつまみを操作しやすい位置に持ってきました…

宅録とライブ用のエフェクター境界線

エフェクターボードの現在 現在ギター用エフェクトについては、KEMPERをクリーンで使用する想定で音作りしています。KEMPERのセンドリターンを駆使するともっと音作りの幅が広がるわけですが、配線が複雑になってしまいます。このようなかたちになったのはラ…

手持ちのエフェクターリスト【備忘録】

2019年04月時点で所有しているギターエフェクター類のまとめ オーバードライブ・ディストーション・ブースター FULLTONE FULLDRIVE2 KLON CENTAUR SUHR ISO BOOST XOTIC EP BOOSTER けいおんディストーション BOGNER ECSTACY RED J ROCKETT AUDIO DESIGNS AR…

過去そして現在のギター録音事情【2019年4月更新】

過去作った音源を漁っていたら、Marshall 1959SLPをマイク録りした音源を見つけました。たしか2010年頃、実家でプレイテックの2キャビから録った音だと記憶しています。現在はライン録音中心でしばらくマイク録音を行っていませんでした。色々と環境を整理し…

過去所有した機材を振り返る【ギター編】

今回の所有機材振り返りはギター編です。歪みペダル編と違い、最初に買ったギター以外は手元に残っています。どれも自分用にカスタマイズしているせいで、売りづらいというのもあります。それでは順を追って振り返ってみましょう。 Fender Japan Stratocaste…

過去所有した機材を振り返る【歪みエフェクター編】

ギター人生で最も多感な時期を過ごた平成も、ついに終わりを迎えます。いい機会なので過去所有した機材を振り返り、次の目標に向けて一度気持ちを整理したいと思います。 1.定番物中心に手堅く揃えた1990年代~2000年代 この頃はあまり冒険をせず有名どころ…

Torpedo LiveをVer5.0にアップデートしてみる

はじめてのアップデート イケベ楽器で特価だったTWO Notes Torpedo Liveを2014年に購入。そのまま初期状態で使い続けていましたが、Torpedo Remoteのバージョンアップでマイキングやキャビが2つ使えるようになるのを知ってバージョンアップを行ってみました…

FRIEDMAN BE-ODとBOGNER ECSTASY RED

BD-ODを購入する前、手持ちの機材ECSTACY REDとの比較した動画を探していたのですが結局見つからず、それ以外の比較動画で何となく特徴を調べていました。 結局実際に比較することなく購入するに至ったFRIEDMAN BD-ODですが、長年にわたってメイン歪みとして…

エフェクトボード組み直し

組み替え機材が出揃ったので一旦配置をリセットして再配置してみました。やや強引な部分もありますが、ほぼ想定通りに収まり一安心。 配線類は結束バンドでまとめた結果、予想以上にすっきりしました。パワーサプライの振り分けも見事にはまり全く無駄がない…

長い休養を経てエフェクトボード更新

バンド活動が一段落してから長い期間放置していました。久々にエフェクトボードを更新したのでアップ。 前回とあまり大きくは変わっていません。最近出たTriangle Big Muffが追加になったくらい。配置の模様替えを色々と試していましたが、結局写真の配置で…

【D.I.Box】ART PDBを購入

KEMPERのダイレクトプロファイリングをきちんと行う為、まずはお試しで一番入手しやすく安価なART PDBを購入しました。 スピーカーを繋げない状態で5150Ⅲminiや1987Xのプロファイルを取得済みなので、どれくらい変化があるかを近々テストしようと思っていま…

OwnHammerのIR キャビネットデータを購入

■有料にも手を出してみる ネット上で手に入るフリーのIRキャビネットデータを試した結果、自分にとってかなり有用なツールであることがわかりました。 そんなわけで個人的によく使うMarshallのIRキャビネットのデータが欲しくなり、前から気になっていたOwnH…

【KEMPER】ダイレクトプロファイリング用のDI(ダイレクトボックス)を探す

KEMPERのダイレクトプロファイリング。マイクセッティングをしなくてもプロファイリングできますが、アンプとKEMPER以外にスピーカーレベルに対応したDIが別途必要です。 そしてプロファイリングという特殊な用途で使う為、素直な音質で余分な機能のついてい…

Kemperをアップデート&ダイレクトプロファイリングを試す

■ダイレクトプロファイルの使い道 KEMPERのダイレクトプロファイリング機能の肝は、アンプ部とキャビ、マイキング部を完全に分離できることにあります。これまでは擬似的に行われていたそうですが、この機能によりアンプ部分のみのプロファイルを使用するこ…

エフェクトボードの最適化

■ペダルトレインからの乗り換え FREE THE TONEのボードに乗り換えた結果、縦(奥行き)が広がり、ペダルトレイン時代よりもエフェクターをきれいに置けるようになりました。スノコ形状だとスノコ間の大きな隙間が災いして、エフェクタ形状やジャック位置によ…

Bogner Ecstasy redを色々な機材で試してみる

いままでは宅録中心に特化した機材セッティングで良しとしていたのですが、ここ最近、リハスタや本番ライブ等、色々な場面での演奏が増えてきました。そういった環境の変化に対応するため、どのシーンでもそつなく使えるエフェクトボード構築に重点を置いた1…

エフェクトボードの見直し

【エフェクターの最適化】 前回の練習で色々と手を加える必要となったエフェクトボード。今後の課題はクランチ系歪みパターンの対応、軽量化、更なる集約化で最適化を図っていきたいところ。 現時点ではBOSSサイズのエフェクターが1個収まる程度の空きスペー…

はじめてのE-BOW

youtu.be 最近YoutubeでMarillionのLive動画を見ていて気づいたこと。曲はリリカルな曲調のSeasons End。Steve Rotheryの特徴である哀愁漂う泣きのギタープレイが楽しめる名曲です。 終盤でシームレスに繋がるギターソロ。てっきりサスティナーでも使ってる…

エフェクトボード入れ替えの件

ワウを新規追加し、ディレイとファズを入れ替え。スペースの関係上、ディレイはTIMEFACTORからSTRYMON DIGに変更した。ワウはこの間の楽天スーパーセールでXOTIC XW-1を新規購入。ワウの後段にファズを噛ましてもさほど影響がないのを確認。ただ、フロントPU…

ファズとワウの相性

ワウの後段にファズを置くとどのような変化が出るかをテスト。ワウはファズを繋ぐためのアウトバッファが工夫されていないもの。当然ながらゲルマニウム系ファズとの相性は良くない。 まずはANALOGMAN SUN FACE FUZZを繋いでみる。 大方の予想通り常に発振し…

エフェクター拡張

本番ライヴも終わりホッと一息。比較的まとまったエフェクトボードだったのですが、どうしてもワウを入れたくなって模様替え。パズルのように各エフェクターの配置を考えながら何とか設置スペースを捻出しました。 コーラスの置いている部分はSTRYMONのDIGを…

KEMPERをラックケースに入れる

注文していた3Uラックケースが届きました。イケベ楽器オリジナルで奥行きが22cmとなっており、KEMPERの奥行きにピタリと合います。これでKEMPERを手軽に持ち運べますね。 材質は表面が塩化ビニール製で裏面は黒く塗られたベニヤ板となっています。軽いのが特…

3Uラックに入らないKEMPER

今後持ち運びすることになりそうなKEMPER用に3Uラックの購入を検討中。しかし前から気になっていたことが・・・。 KEMPERラックの底には割と高さのあるゴム足がついていまして、ラックに設置する際に邪魔になります。4Uとかワンサイズ上だと入りますが同サイ…

エフェクトボードのリレイアウト

ボード内のエフェクターを入れ替えてみました。大電流タイプのエフェクターはWhammy DTのみとなった為、設置していたPedalPower MONDOを外して自宅用に 。そのかわり自宅で使用していたMXR/CAE MC-403をボード裏側に設置しました。専用の留め金を用いてドリ…

久しぶりにギターケーブル作る SOMMER CLASSIQUE編

現在何となく使っている自作のジョージエルス 225ですが、巻き癖が気になり取り回しがいまいちでした。そこで気分転換も兼ねて久しぶりに新しいケーブルを自作することに。 まずはいつも利用しているGarrettaudioでどれにしようかと物色。今回はケーブルのし…

【ギター】エフェクター レビューの難しさ

円高だった数年前。ここぞとばかりにギターエフェクターを個人輸入して買い漁っていました。利用したお店はPro Guitar ShopやAnalogmanやKeeleyで円高の恩恵を最大限に享受しました。 特に歪みモノは積極的に試しました。数年前に初めて個人輸入して買ったFU…

Two Notes Torpedo Liveのファーストインプレッション

■もう少し後に購入する予定が Torpedo Liveの購入をずっと考えていたのですが、某楽器店の決算セールのリストにアウトレット特価品が追加されていたのを発見。この楽器店は20日までセールを行ってて、最終値引き品として追加された模様。価格は73440円と市価…

【ギター機材】 エフェクトボードの配線見直し 【FREE THE TONE】

この写真は1年くらい前のボード。それなりにまとまっていたけど、moogのアナログディレイを導入したり、パワーサプライをVoodoo LabのMONDOにしてみたりで様変わり。 大き目のエフェクタを増やしたせいでペダルトレインのボードに収まりきらず、いっそのこと…

Mesa boogie 2:50の真空管節約について

自分用のメモとして過去行った事を記事にしました。 Mesa Boogie 50/50のパワーアンプは2チャンネル仕様となっていますが、通常は片方のチャンネルのみを使う為、4本あるうちの2本のパワー管の扱いに困っていました。 本体内に3本のプリ管があるのですが、内…