MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

BFD拡張音源 OBLIVIONを購入

BFD拡張音源が4月6日まで50%のセール中だった為、前から目をつけていたOBLIVIONを購入しました。今回はいくつかの購入経路からPLUGIN BOUTIQUEを初めて利用してみました。 購入方法など 事前登録済みのアカウントを使い対象製品をカートに入れてPAYPAL決済…

chappieとpal@pop

1990年代にラジオで聴いた「Welcoming Morning」で存在を知ったChappie。ずいぶん昔の話ではありますが、ハードロックやプログレ一辺倒だった自分の音楽の幅を大きく広げることになった思い出の1曲です。 Chappieとは Chappieとは、1994年にデザイン集団「GR…

そろそろエフェクターボード完成させたい

年明けから進めていたエフェクターボードの再構築作業。とりあえず機材整理から順次進めていった結果、メイン歪みとして愛用していたFRIEDMAN BE-ODを手放すまでに至り当初の予定よりも大幅な入れ替えが必要になりました。 方針転換 今回の機材整理は今まで…

NEUTRINOの意図しない無声音化を抑止する

リリース直後から色々とNEUTRINOのテストを繰り返していますが、意図しないバグがまだまだあるようです。まず気になったのが、途中の音声が無声音化して抜けてしまう現象でした。以下がそのサンプルですが、どうも直前の休符記号のせいでおかしくなるようで…

NEUTRINO AIきりたんを使ってみて適材適所を探る

2月22日に突如無料で公開されたボーカルシンセサイザー NEUTRINO。何曲か歌を入れてみてこのツールの使いどころが少しずつ見えてきました。 MIDIデータの注意点 CUBASE上で作ったMIDIデータを元に楽譜作成ソフトのMusic Scoreに読み込ませたのですが、クオン…

自作曲やカバー曲にNEUTRINO 東北きりたんを当ててみた

2月22日に新しくリリースされたボーカルシンセサイザーNEUTRINO(ニュートリノ)を早速試してみました。 VOCALOIDやCevioと違い、別途準備した楽譜を読み込ませると自動的に歌声が生成される仕組み。最初は楽譜の作り方や歌声の生成方法等、よくわからないと…

ヴォリュームペダルの比較 【XOTIC XVP-25K】【Guitars Station Ultimate FET Volume】

ローインピーダンス仕様のボリュームペダルが必要になり、価格的に手が届きやすかったXOTIC XVP-25Kを購入。昔買った手持ちのGuitars Station Ultimate FET Volume(以下FET Volume)との違いを試してみました。FET Volumeはかなり昔、イケベ楽器で購入した…

過去のオリジナル曲【明日のカタチ】

自作曲 明日のカタチ 2008年 VOCALOID2 初音ミクが発売された2007年。それまでインスト曲中心だった曲作りを大きく変えることになりました。右も左もわからないことだらけで、色々と学ぶことが多かった年でもあります。アタック感の強い鏡音リンに苦戦しつつ…

スイッチングシステム入替の下準備③ ジャンクションボックス導入編

エフェクターボードの中で地味な存在なジャンクションボックス。私は今までスイッチングいシステムに直繋ぎしていてこれを使ったことがありませんでした。 しかし今回のエフェクターボード入替により配線を裏通しできるようになったことから、煩わしかった入…

Torpedo LiveにIR(インパルスレスポンス)を適用する

Two NotesのTorpedo Liveはキャビネットシミュレータとして一時注目されました。ハードだけでなく、プラグインも出ていますが、実際のアンプを使用するにはロードボックスも兼ねた本機が便利です。 色々なキャビネットを鳴らせるのは便利なのですが、本体内…

NHK-FM ROCK SOUND回顧録 バラード編

80年代後半にNHK FMで放送されていた西森マリーのROCK SOUND。今にして思えば西森マリー女史の趣味と思われるメロハー中心のラインナップでしたね。この番組のおかげで様々なバンドの曲を知ることができて、自分自身の好みも固まっていった時期でした。 そん…

VOCALOID関連を再インストールして躓いたこと

2020年1月現在のVOCALOID2ライブラリインポート手順を調べたので記事にまとめました。

スイッチングシステム入替の下準備② エフェクターボード編

一番の不安材料だったインサートケーブルの選定もほぼ固まったので、現在使っているエフェクターボードの入替候補を探しました。 本命はTemple Audio TRIO28で次に同社のDUO34といった具合。もし入手困難であれば妥協してCAJ Systembord 4408を選ぶ予定です…

スイッチングシステム入替の下準備①

スイッチングシステム入替えに最適なプラグ類を探してみました。

EVENTIDE TIME FACTORをPCでエディット

ラック内に設置しているTIME FACTORの操作が手間なので、別の手段がないか調べたところ、ずいぶん前からH9 Controlというアプリを使って簡単に操作できることが判明。Windows版もリリースされている為、早速導入してみました。 導入手順 まずEventide公式サ…

RJM Mastaermind PBC/6Xにまつわるニッチな話

エフェクトボードの入れ替え案を今もなお思案中です。入れ替えの核となるスイッチングシステムの候補としてRJM Mastaermind PBC/6Xをチョイスしようかと思っています。最初はBOSS ES-8で考えていましたが、省スペースで最大11ループまで使用可能な点が興味を…

NEXUS3にアップグレード

現在もクリスマスセール中のNEXUS3。去年は2月を過ぎてもセールが終わりませんでしたが、今年はどうなるかわからなかったのでこの3連休の間に拡張音源のサンプルを聴きまくって購入しました。 選んだ拡張音源は? 気になる拡張音源を中心にサンプルやYoutube…

スイッチャーの新たな候補 RJM Mastermind PBC/6X

BOSS一択ではなくなっていた ループスイッチャーの入れ替えを考えていて、BOSS ES-8を軸にボードのサイズやパワーサプライ等の見直しを視野に入れて調べていました。 最近、イケベ楽器のショッピングページにて他の製品を下調べしていると、ループの並び順を…

ボリュームペダルあれこれ

最初に買ったのはイケベ楽器のオリジナル商品 ずいぶん前に買ったボリュームペダルは、イケベ楽器ギターステーションのオリジナル商品でした。ERINE BALL VPJR筐体をモディファイしたもので、ボリュームポッドが別のものに交換されています。サイズはJRなの…

STRYMON MOBIUSとANALOGMAN CLONE CHORUSの比較

実家から持ち帰ったANALOGMAN CLONE CHORUSを持ち帰り、現在メインで使っているSTRYMON MOBIUSのコーラスと比較してみました。 ANALOGMAN CLONE CHORUSについて このモデルはElectro HarmonixのSMALL CLONEを元にしています。CLONE CHORUSの音作りは、2つの…

BOSS ES-8導入に必要なボードその2

実家に置き去りにしていたPEDALTRAIN PROを使って、ボード入れ替え時のシミュレーションを行いました。 ボードは約80cm×41cmで想定通りのサイズ感です。現在のボードから幅が+20cmになり、手前に配置するエフェクターを妥協すれば十分収まることがわかりまし…

WIN10起動時のNAS接続失敗

新しいPCに更改した後、起動時にNAS接続の失敗が起きるようになりました。起動後に×印になったNASのアイコンをダブルクリックすると、普通に繋がり問題なく使用することができます。 通常のファイル操作は特に影響ないのですが、メインで使用している音楽再…

BOSS ES-8導入に必要なボード

現在のエフェクターボードはこのようなセッティング。特に大きな不満はないのですが、長い間不動のポジションとなっていたスイッチャー Musicom EFX MKIIIをBOSS ES-8に入れ替えようかと思っています。しかし現在のFREE THE TONE製ボードでは収まりきらない…

最適なDTM用机を探し続けるも

鍵盤を右手側にL字配置にしたり、机の前にキーボードスタンドを配置したり試行錯誤を重ねましたが、結局写真の配置に落ち着きました。机の奥行に関しては、今の60cmがちょうど良い塩梅で無駄のない長さになっています。欲を言えば鍵盤の部分だけ高さが5cmく…

マザーのBIOSをアップデートしたら嫌な予感的中

新しいDTM用PCを組み、ある程度インストール作業も一段落しました。次に初期BIOSから新しいBIOSに更新するべく、公式ページから10月30日にリリースされたバージョン1004Bを当ててみました。 しかし、BIOSアップデート後の再起動からBIOS画面にたどり着かない…

DTM用PCを5年ぶりに更改 IntelからAMDへ

時流に乗ってAMDへ移行 しばらくIntelメインでDTM用PCを組んできましたが、ここ最近のAMDの評判を見て乗り換えを決意。その中でも価格とコア数のバランスを考慮してRYZEN9 3900Xを選択。3950Xは価格面や廃熱等、自分では扱えそうもないことから候補から外し…

Now Your Ships Are Burned: The polydor years 1984-1990

ハードロックにはまるきっかけ 私がハードロックに目覚めるきっかけがイングヴェイ2枚目ソロのMarching Outでして、友達からCDを借りてテープにダビングしたのをよく聴いていました。 そういえば当時のCD国内盤の帯に書かれてあるジャンル欄に「ヘヴィメタル…

PC引っ越しの準備メモ

DTM用PCの更新に着手し始めたのが今年の5月ごろ。ZEN2シリーズの性能が大幅に向上したのを確認して久々にINTELプラットフォームからAMDへと移行することになりました。ようやくRYZEN 9 3900Xの入手に目途が立ったので、PC引っ越しの準備を始めました。 Windo…

エフェクトボードのリレイアウト

エフェクトボード内のエフェクターからSTRYMON BIG SKYを外し、その他エフェクターの配置換えを行いました。 今回のコンセプト ディレイを踏みやすい位置に タップテンポやつまみ操作の頻度が高いため、踏みやすくつまみを操作しやすい位置に持ってきました…

宅録とライブ用のエフェクター境界線

エフェクターボードの現在 現在ギター用エフェクトについては、KEMPERをクリーンで使用する想定で音作りしています。KEMPERのセンドリターンを駆使するともっと音作りの幅が広がるわけですが、配線が複雑になってしまいます。このようなかたちになったのはラ…