MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

最適なDTM用机を探し続けるも

f:id:neuchappie:20191224023432p:plain

鍵盤を右手側にL字配置にしたり、机の前にキーボードスタンドを配置したり試行錯誤を重ねましたが、結局写真の配置に落ち着きました。
机の奥行に関しては、今の60cmがちょうど良い塩梅で無駄のない長さになっています。欲を言えば鍵盤の部分だけ高さが5cmくらい低ければベストな感じです。まぁそんな変則的な机があるわけもなく。

一時期、キーボードスタンドを奥に設置し、手前には奥行30cmくらいの机を配置する案を模索していました。でもそんな奥行の短い机はオーダーしないとありませんし、強度面の不安が拭い去れませんでした。

それ以外では、DTM部屋でよく見かける机の手前に鍵盤を潜り込ませる配置も検討してみました。生憎手持ちの鍵盤 MOTIF-ES7の高さが高いため、椅子をかなり下げないと膝が当たってしまいます。机の高さを上げないと現実的ではないと判断しました。

bauhutteからそういう用途のキーボードスタンドが今春発売されていました。最低高が67.5cmと高すぎるせいで.着目点は良いものの、コンセプトに全く合わない歪な商品となっています。値段が安いわけでもないので、これだったらキーボード専用スタンドの方がいいのではと思います。

www.bauhutte.jp現状の不満を解決するには少なくとも机の買い替えが必須ではありますが、既製品では私の要求を満たす製品がなさそうなので、このままでもいいかなとあきらめています。