MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

そろそろエフェクターボード完成させたい

f:id:neuchappie:20200309032020j:plain
年明けから進めていたエフェクターボードの再構築作業。とりあえず機材整理から順次進めていった結果、メイン歪みとして愛用していたFRIEDMAN BE-ODを手放すまでに至り当初の予定よりも大幅な入れ替えが必要になりました。

方針転換

今回の機材整理は今までの環境をリセットするいい機会になりました。これまでのボードはバンド活動を行っていた頃に構築したもので、ボード内で完結するように組み込んでいました。そしてこれからはバンド活動がぐんと減り宅録中心の活動となる為、前ほどペダルだけでメインの歪みを作る必要性が薄れました。一方アンプで出せないファズの歪みは入れておきたいと思い、RUSSIAN FUZZ FACTORY 7の導入に至ったわけです。

プロファイリングと実際のアンプ

現在アンプはKEMPERと5150Ⅲmini+Torpedo Liveの2台を使用しています。早速導入したFUZZ FACTORY 7をそれぞれで使ってテストしてみました。

KEMPERだと扱いやすくマイルドな印象でこんなものかと思っていたのですが、5150Ⅲminiではボリューム位置により極端な鈴鳴りサウンドとなってしまい、かなり扱いづらい代物であることが判明しました。TONEスイッチはこの調整用に用意されていたんだなと認識した次第です。歪みの質感もよりファズ色の濃い毛羽立ち具合で弾いていて非常に面白いと感じました。これは実家に置き去りにしているTRIAXISでどう変わるかも試してみたいですね。

ボードの再構築

現状はメインとなる歪みとスイッチングシステムがない状態となっています。スイッチングシステムは既に候補が決まっており、近々導入予定です。

メイン歪みについては実家に置いているBogner ECSTASY REDを仮置きしつつ、新しい候補をじっくりと考えたいと思います。最初はBE-OD DELUXEを導入するつもりでBE-ODを手放したのですが、それ系統の歪みは5150Ⅲ側の歪みで満足しているので、別系統のもう少し味があってソロ向きなXOTIC Soul Drivenで考えています。

それ以外ではあと1枠空いていますが、無理に埋めなくてもいいかなと思っています。欲を言えばH9 MAXを追加してより複雑なエフェクトをかけたり、ハーモナイザー系を追加して楽をしようと思ったりしましたが、予算オーバー気味なので先送りにするつもりです。

円高次第?

実は購入しようとしているスイッチングシステムの出物がReverb.comで見つかったので、個人輸入して必要経費を削減しておこうと思います。問題は為替の状況なのですが、どうもこれから更に円高が進みそうな雰囲気が出てきました。先のことはわかりませんが、少なくとも1週間くらいは様子を見ておきたいです。ただその間に売り切れてしまったら意味がないで週明けくらいに踏ん切りをつけるつもりです。

Soul Drivenはどこで買うかは未定です。スイッチングシステム用に貯めていた楽天ポイントを使うか、程度の良い中古で妥協するか、またはAmazonにしておくか等、一応いくつかの選択肢は残しています。考えている間に別の歪みに目移りするかもしれませんがまぁその時は縁がなかったということで。。