MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

Mesaboogie TRIAXISのセッティング見直し

f:id:neuchappie:20200503220912j:plain

実家から持ち帰ったTRIAXIS。向こうではサイレントボックス経由で音出ししていました。そのせいか中域が膨らみ気味でいまいち抜けが良くありませんでした。こちらの環境ではTorpedo Live経由での音出しになる為、その点は多少改善されました。

有料IRの印象

現在、Torpedo Liveは有料IRデータのみを使用しており、2つまでのIRデータを混ぜることが可能となった為、かなり幅広い音作りが可能となりました。物理的に2つのファイルから同時に音を出せるようになったので、より複雑な音色を作り込むことができます。

TRIAXISの音色

TRIAXIS説明書に書いてあった各チャンネルの特徴を再読し各値を見直した結果、その違いが体感でき、よく考えられて作られているなと再認識しました。特に2つのリズムチャンネルは低域の出方が変わってくるので、タイトなクリーンを出したいときはYellowチャンネルを使うとしっくりきます。

Torpedo Live経由の音の特徴

Torpedo Liveについては、有料IRデータを追加することで更に音作りの幅を持たせることができますが、選択できるファイルが増えすぎて沼に陥る恐れがあります。まだ自分好みの最適な組み合わせを見つけられていないので、KEMPERとかの方が手っ取り早かったりします。
有料IRの中では、Cellesion製のIRが優秀で慣れ親しんだ音に近いですね。Torpedo Remoteで気軽に有料IRの音出しができる仕様(途中でミュートされます)なので、手持ちの外部IRと比べながら自分の求めている音を追い込んでいるところです。

さいごに

そもそも宅録を始めた当初は、理想的なギターサウンドを録音するのがきっかけでした。POD2時代からは随分と環境が変わりましたが、過去の録音と比較してみると意外にも悪くなかったです。確かに今の環境の方が音の解像度が上がって色々な音作りが可能となりましたが、ギターの音色はそこまで劇的な変化を遂げたわけではないので定番の音が確立すれば十分な気もします。