MEMO・REAL的な何か

おかずのりです。ボカロ黎明期から細々と音楽活動を行っています。ギター関連やDTM関連メインで記事を書いています。

MENU

OwnHammerのIRキャビネットを追加購入

つい先日、CELESTION DIGITALのIRキャビネットデータを購入したが、比較試聴したOwnHammerの方が好みであることに気づいてしまった。このIRを購入したのは2015年頃と随分昔の話だが、現在のラインナップが気になり、久しぶりに公式サイトに訪れてみることに。以前購入したものは主力商品から外れているようで、精力的に新しいものがリリースされているのを確認。2015年当時とは収録内容も様変わりしており、かなりバリエーションが増えている。これらを全て試すだけでも途方もない時間がかかりそう。

久々に購入

比較的新しくリリースされた物中心にサンプル音源を試聴してみた。一番最初に気になったのがFriedmanキャビのデータ。味付けとしてはビンテージ志向な方向性で、サンプル音源を聴く限りではちょっと自分のスタイルから逸脱しているようなので見送りとなった。

結局、Marshall 1960BのG12M(通称greenback) が搭載されたサンプルが自分好みだったので、こちらを購入してみることにした。決済はPAYPALなので簡単。

実際に鳴らしてみると、適度に甘く明るい音色で弾きやすく、Greenbackの特徴が良く出ていて好印象。プリセットが膨大にあるので主要なものしか試していないが、今まで買ったIRの中では一番好きな音色だった。70~80年代のハードロックやブルースに最適だと思う。

この件で購入したばかりのCELESTIONは早速曇ってしまったが、相対的に評価するきっかけになり結果的に良かったと思っている。金額もそれほど高くないのでお試し感覚で買ったのもあって特に後悔はしていない。もし間違って全部入りを買っていたとしたらそうもいってられないと思うが。

さいごに

今回の購入によりTorpedo Liveで今も十分やっていけることがわかった。今年初めくらいにBOSSやUAのロードボックスに乗り換えようと計画していたが、結果としてはこれでよかったと思う。

UAのOXは外部IRが使えない為、アップデート頼りになってしまう。1回だけ大型アップデートが行われたが、それ以降音沙汰がない。ギタリスト好みな味付けもちょっとくどい感じがする。

BOSSの方も外部IR前提で考えると、機能が貧弱で今の環境よりも数段劣ってしまう。内部エフェクトのルーティングやUSBオーディオ等、余計な機能がついているのも気になる。どうも設計思想が自分の求めているものと乖離している。

発売から随分月日が経ったTorpedo Liveではあるが、サポート体制が万全だし無料で有意義なアップデートを提供してくれている。KEMPERのようにユーザー側の視点で提供されている息の長い商品と言えよう。